読書記録 2017年10月

わたしが住んでいる名古屋市の市立図書館は、各区にありまして、自分が住んでいる区の図書館に目当ての本が無くても、他の区の図書館にあれば、取り寄せて、自分の区の図書館で受け取れるシステムがあります。
そのためにはアカウントの取得が必要ですが、とても便利でよく使っております。
アマゾンでわざわざ本を買わなくても、申し込んで待っていれば良いんです。
興味をそそる本がたくさんあって、わざわざ買っているとお金も保管場所も間に合わないから、図書館は助かります!

今月読んだ本は、図書館で借りた本です。

「わたしのウチには、なんにもない」シリーズです。
捨て変態を自称するゆるりまいさん(なんにもないぶろぐ)のお家のお写真を見て度肝を抜かれる人が多いと思いますが、どのような理由で捨て変態になったのか、よくわかりました。やっぱ、家が汚いと、友達呼べないよねー・・・「うち寄ってく?」って気軽に言える家にしたいよね。震災でモノに殺されそうになったってところ、今私の家(夫の実家に住んでいます)も想像つきます。
背の高い食器棚にパンパンに詰められた食器。よくある程度の地震、または自分に気づかない程度の揺れで、積み重ねられたカップが棚の中で雪崩を起こす。これに関しては食器をたくさん処分しました。(必要な人のところへ譲りました。)
食器棚までは家の事情で処分は難しいですが、数年後、処分できるときが必ず来るので、その際は腰くらいまでの高さの棚に変えるつもりです。
ゆるりさんは物欲がすごくて、特にバッグや靴には目が無いそうです。わたしも物欲がすごいから、ゆるりさんが物を買う時に気を付けること、物欲とどのように付き合っているか、参考になりました。
4巻の遺品整理では、物が捨てられない、上の世代とどう付き合っていったのか、参考になりました。
マンガだから読みやすくて、わたしも集中してあっという間に読み終わりました。

 
  

「服を買うなら、捨てなさい」
行く場所を想定して、それに合わせた服をそろえているはずなんだけど、数は十分あるはずなのに実際に着る段階になると「この服はちょっとなあ・・・」って、結局着ない、着ていく服が無いと思う、って、女性には経験あるのでは。
どんな服を捨てたらいいか、十分な服の数の枚数、服を買う時に考えること、試着のチェックポイントを参考にして、もう一度クローゼットを見直し、要らない服をリサイクルに回すことができましたし、場所が空いた分、捨てた服をずいぶん下回る数の素敵だなと思える服を買いました。要らない服を捨てたから、良い物が入ってきます。


「ぼくたちに、もうモノは必要ない」
著者の佐々木典士さんは、今さら紹介する必要のないくらい有名ですね。メディアにも何度も登場しています。
この方の部屋も度肝抜かれますね。こういう部屋なら掃除がすごく楽そうです。生活にお金もかからないってのがよくわかります。
おかしな会社で自分をすり減らしながら働くくらいなら、収入が減っても自分を大切にしながら生活できるくらいの仕事で良いんじゃないかなって思います。
捨てるための具体的な指針が55個、さらに捨てるための15のリスト、物を捨てて変わる12のこと、モノを捨てるための後押しになります。


「服を減らせば、おしゃれになる」
ミニマリスト日和のおふみさんの本です。
ブログの方はファッション以外にも話題が豊富で参考にしていますが、この本に関して言うと、わたしにはあまり参考にならなかったです。
彼女は私よりも10歳近く年下なので、彼女のファッションは私には若すぎるんです。30前の人が着る服やバッグの紹介ですから、わたしみたいなのがこういう恰好しちゃうとイタイおばはんになっちゃうと思います。
本のイラストを見て思いましたが、この服装は「おしゃれ」ではないかな・・・ってのが正直な感想です。
すごくカジュアルで、若いからこういうのを着ても似合うと言う感じ。
地曳いく子さんの↑「服を買うなら、捨てなさい」の方が、わたしにはわかりやすかったし参考になる部分が多かったと思います。


「最小限主義」
「ぼくたちに、もうモノは必要ない」著者の佐々木典士さんと共同でブログを開いている方の本です。
内容としては、筆者の沼畑さんがどういうところでミニマリズムを感じるかというエッセイなので、物を捨てる技術のハウツーを求めている人には全く違うかなという本です。
小さい話題が取り留めなくつづられている感じで、途中で「こんな感じで最後まで続くのかな」と心配になってきました。
でも読み始めた本を途中で放棄したくないので最後まで読みましたが、やはり最後までこんな感じでした。
とりとめのない話題、筆者が仕事で滞在したクロアチア(+他のヨーロッパの国や地域)の、似たような話が少しずつ形を変えながら何度も登場するだけなので、読んでいるうちに「なにもない」という拷問を受けている気持になってきます・・・。(それが筆者の狙いかも!?)
言いたいことは何となく伝わるけどすごく説得力があるわけでもないし、共感するところもあるけど共感しないところが多く、読み終わってから何が書いてあったかと言われると具体的に思い出すのが難しい、(わたしにとっては)そんな本でした。


「少ない物ですっきり暮らす」
やまぐちせいこさんは子ども二人いて、すっきりした生活を送ってらっしゃいます。
主婦の立場でシンプルな生活を送るには、という点で参考になりました。
彼女は無印の商品を使っていますが、ミニマリストやシンプルライフを送る方には無印愛用者が多いですね。
食器が白ばっかりで私にはちょっと違和感ありますし(レストランで白い食器は良いけれど)、思春期を迎えようとする子ども二人が個人の部屋を与えられていないのはどうなのかなと思いますが、「よそ様の考え方だから」と思って割り切って読めば良いです。
「服を減らせば・・・」のおふみさんもそうですが、会社に行って仕事するわけではない女性はボーダーの服を着る率が高いような気がするのは気のせいかな?
無印は確かにシンプルで素敵な商品が多いと思いますが、ミニマリズムを目指す無印愛用者は見た目の個性、持ち物の個性がなくなっているような気がします。
でも人の目を気にしなくなるというのはミニマリストの特徴の一つらしいので、それはそれでいいのかもしれません。
結局は自分と合うか合わないか、ということですね。

2017年8月27日 バロックヴァイオリン&オルガンコンサート

プログラム

うちで使っているおもちゃ

うちの子どものうち、男の子の方は二歳なんですが、プラレールが好きで、レールを組み始めると止まりません!
一時間くらい集中してレールを組んでいて、電車を走らせることをもしかして忘れている?と思うくらいです。
他にはレゴ、積み木、型はめやビー玉を転がす系のおもちゃが好きで、毎回「わあー」と言いながらビー玉を転がしています。
↓のおもちゃをやり始めると、集中して止まりません!

  

だけど、人形で遊ぶのも好きで、わたしが小学生のころ使っていたリカちゃん人形やその家具を使って遊んだり、メルくんの世話をしたりします。うちの男の子は一歳の時からキッチンで遊んでいます。


男の子でもキッチンに立つのが好きみたいです。ほかの男の子も、大人の真似をするのが好きで、キッチンで遊ぶ子は多いみたいですね。うちの子は一歳の時からキッチンで遊んでいます。

2017年5月28日(日)歌&オルガンコンサート@改革派名古屋教会

2017年5月28日(日)日本キリスト改革派名古屋教会で「歌&オルガンコンサート」を開催します。

時間は14時~15時(開場13時30分)
入場無料ですが、演奏会後に、今後の演奏会継続のための寄付をお願いしますm(__)m

ぜひお越しください。

2017年5月28日(日)14時~15時(13時30分開場)
会場:日本キリスト改革派名古屋教会
名古屋市西区浄心本通3-37-1
℡ 052-531-9768

メゾソプラノ 加藤 愛
愛知県立明和高校、東京藝術大学卒業。第1回万里の長城杯国際音楽コンクール第2位(1位なし)。第九交響曲等のソリストや、「カルメン」「コジ・ファン・トゥッテ」等のオペラへの出演、名古屋市文化振興事業団主催オペレッタ「こうもり」(オルロフスキー公爵役)などに出演。

オルガン 加藤 千加子

※ 加藤愛さんと私は親戚ではありません(笑)

曲目
主の祈り
うるわしの白百合
わが感謝の賜物


画像をクリックすると大きくなります。
2017年5月28日

男の子用女の子用って・・・

わたし、子どものおもちゃが好きです。
子どものころ、物欲がすごくて、ほかの子よりもおもちゃは買ってもらっていたと自分で思っているのですが、それでも「もっともっと」という気持ちがありました。
大人になってからその気持ちが再燃したのか、子どものもちゃんが増えると管理が大変と思いつつ、ついつトイザらスのサイトを見てしまいます。

さてそこで気になるのは、「男の子用」「女の子用」というカテゴリーがあること。
男の子用には「鉄道模型、プラレール、トミカ、ミニカー、ラジコン」などがあり、女の子用にはそれがありません。
逆に女の子用には「おままごと、人形、コスメ」などがあり、男の子用にはそれがありません。

でもうちの男の子は、おままごとが好きで、一人でぶつぶつ言いながら、ちゃぶ台の周りに複数のぬいぐるみを並べて、
ぬいぐるみの前にお皿とコップを置いて遊んでいます。
マジックテープでくっつく食材のおもちゃを持っていて、サクッサクッて音を立てながら、おもちゃの包丁を使って切っています。
プラレールやトミカも好きなので、それで遊ぶこともあります。

うちの女の子は、小さいのでまだうまく遊べないですが、電車が好きみたいです。
名鉄電車のおもちゃを触っています。

パンパースのポイントをためて、プレゼントと交換するサイトがあるのですが、プレゼントの中には弁当箱もありました。
「そういえば子ども用の弁当箱がほしいな」と思いましたが、ブルーとピンクの弁当箱だったので、そのプレゼントはもらわないことにしました。
で、うちの息子には、山中塗の弁当箱の中で、猫柄を選びました。

うちのこどもは、色や遊びの種類で、どれが女の子用か男の子用かと決めるようなことにならないでほしいと思いますが、環境がそうさせてしまうので、かなり気を付けないといけないなと思っています。

カルトナージュしました。

ティッシュ箱と写真立て

ポケットティッシュケースと写真立てをカルトナージュで作りました。
布がリバティでかわいいです。写真立ての方は、写真と入れるとかわいい布が見えなくなってしまうことに気づいて、写真を入れずにこのまま飾ろうかと(笑)
布の柄をそのまま飾りたくなるくらい、リバティは可愛いですね。

今年の演奏会の日程決めながら・・・

今年も所属教会(日本キリスト改革派名古屋教会)でいつ演奏会開いて良いか、日程が出たので、
どなたと一緒に演奏しようかなーと考えながら作ってみた子ども椅子。
子ども椅子
インパクトドライバーのおかげで仕事が早いです。木はホームセンターで切ってもらって楽でした。

参考にしたのは「丸林さんちの手づくり家具帖」


ペンキはターナー色彩のミルクペイント。
クリームバニラ、ゴールデンレッド、仕上げはトップコートクリアで。
      

椅子はいずれもう一脚作ろうかな。二人用の子ども机も本に載っているから作りたいです。
その時もミルクペイントで。何とも表現しがたいくらい色がかわいい。

今週は教会のテーブルを塗るのを早急にしなければなりません。がんばります

肝心の名古屋教会での演奏会は、
5月28日「歌とオルガン」と8月27日「ヴァイオリンとオルガン」です。

歌は加藤愛さん、
ヴァイオリンは荻野美和さんにお願いしました。

大変ご活躍のお二人に登場していただけるのを大変楽しみにしています。

本はなるべく買わないようにしています・・・

断捨離しているうちに「捨てたい病」ってのが発祥することがあるそうです。
昨年はたくさんの物を処分しました。特に食器棚は食器の数を減らして割とすっきりしたのですが(お正月に来られた方から「台所全体がすっきりしたね」って言われました)、この現状に慣れてくると、もっともっと物を減らせるんじゃないかと思うようになりました。
でもまだまだこんなに物をため込んだままにしているので、わたしが捨てたい病にかかっているとは思えません。

昨年、物を減らした時は、「これからおつきあいしていく食器ばかりが残ったわけだから、もう捨てられない」なんて思っていましたが、その後数か月たっても一切使わなかった食器、今後も使わなさそうな食器がだんだんわかってきました。
でもそれらはノリタケなどのブランド品。物を減らすのに「これ高かったから」「ブランド物だから」という考えが頭をよぎり、なかなか処分に踏み込めないのも事実です。
買うときに高かったものでも、売るときにはすごく安くて、でもリサイクルショップで食器を買う時にはそれなりの値段がしてて、もったいない、と思う気持ちになってしまいます。
一番良いのは、新婚の友達ががっつり持っていってくれてしっかり使ってくれることかなと思いますが、新婚の友達はいない。

うちに場所はあるので、とりあえず段ボールに入れて押し入れに保管し、その食器たちが無い状態で困らないかどうかを知ってから処分を考えてみようと思います。

さてタイトルの「本は・・・」に関してですが、以前から電子書籍に興味がありました。
紙の本はその質感が好きですが、音楽やキリスト教関連の本(大事なところには線を引きながら読みたい)、子どもの仕掛け絵本・普通の絵本でなければ必ずしも紙にこだわらなくてもいいかなと思います。
普段図書館を利用しています。わたしが借りるような本は、じっくり考えながら読むというよりは、さ~~っと読めるジャンルですので、それらのジャンルの中で、一生持ち続けておきたいような本はほとんどありません。
料理の本で、材料が普通のスーパーですぐ手に入り、盛り付けられた料理の写真を見ているだけで楽しくなるような本は買いますけど。
マクロビオティックみたいなのは、普通のスーパーでは手に入りにくそうな材料が使ってあったり、手が込んでて普段作りたいと思うようなものは少ないので、まねしたい料理だけコピーしてます。
本を見るのが好きだから、買うとすれば本がすぐに増えてしまいそう。
そこで電子書籍なら場所を取らないから良いね、と思っていました。小さい子どもが複数いて、すぐに図書館行けるわけじゃないしね・・・。図書館行くためだけに車を運転するのはエコじゃないし・・・。紙の本ならいつか処分を考えないといけないけど、電子書籍ならいくら持ってても邪魔にならないしね・・・。

アマゾンのKindleはパソコンでも見られるので、専用のタブレットを購入する必要はありません(専用のタブレットを購入しないといけないものだと思っていたけれど、そうではないということを最近になって知りました)。
とりあえずKindleを無料ダウンロードしました。
前から「読みたいけど、名古屋市のどの図書館でも貸し出し中の本」を電子書籍として買うことが一瞬頭をよぎり、無料お試し版を¥0で購入しました。お試し版なので全部のページを読むことはできません。
数ページだけなのですっかり読み終わり、いよいよ先を読みたくなりましたが、値段を見てみると、普通の紙の本と値段が変わらないことを知りました。
私の勝手な思い込みですが、紙の本と違って、紙代、印刷代、輸送費、これらにかかる人件費がかからない分、半額か三分の二くらいの値段で電子書籍が買えるんだろうと思っていましたが、すべての電子書籍がそうであるということではないのですね。
私がほしい本は金額がそれなりにするので、結局は買わないことにしました。
電子書籍はクリック一つで購入できる気軽さから、あっという間にお金を使ってしまいそうです。
危険ですね。
やっぱりできるだけ図書館を利用しようと思いました。
貸し出し中の本は予約をして、気長に待つことにします。

演奏会終了

2016年12月10日に、日本キリスト改革派名古屋教会でのオルガン演奏会が開かれ、無事終了しました~
(12月10日は・・・オリヴィエ・メシアンの誕生日ですねメシアンLOVE
facebookでは演奏会の事前告示しましたがブログでは事後報告になってしまいました

木下裕也牧師のメッセージとわたしのオルガンソロでした。
クリスマスや木下牧師が選んだ聖書朗読箇所や、牧師のお嬢さんがデザインされたチラシの絵のイメージに合うような選曲を心がけました。
お越しくださった方々、そして感想を書いてくださった方々に感謝です。

毎年12月のどこかの土曜日(今までは第二土曜日のことがほとんどでした)で、日本キリスト改革派名古屋教会では演奏会が開かれています。
来年も開催予定ですので、もう来年の手帳に書いておいてくださるとうれしいです

子ども二人いながらの演奏会準備は、自分の都合で練習時間を自由にとることができないので、夫の協力なしではできませんが、協力的な夫なので、年に数回の演奏会を続けていくことができています。感謝なことです。
ところで、一歳の双子を持つピアニストの知り合いは、保育園に通う子どもから風邪をうつされて、演奏会に向けての練習計画がすっかりくるってしまったと言っていましたが、子どもがいるとそいういうこともありますね。
子どもがいなかったときには自分の自己管理だけに気を付ければよかったけれど、子どもから病気をうつされることがあります。

来年1月中旬~3月は夫の在宅時間が増えそうなので、
その間に二人の子どもを夫に託し、わたしは趣味活動の時間を持ちたいと思います。
まずはカルトナージュ再開です。
もっと時間が取れそうなら、ちまちま子どものバッグとかも作りたいです。(←すでに布だけは用意してある。)

みなさんにとって来年が良い年になりますように

演奏会終了~

宗次ホールで二日続けての演奏会、お客様にも共演者にも恵まれ、無事終了しました。

11月8日は高岡美千代先生と相田南穂子さんと。
http://www.munetsuguhall.com/20161108S2.pdf

11月9日はCoCoRoniさんと2回公演。
http://www.munetsuguhall.com/20161109S2.pdf
http://tv-aichi.co.jp/cocoroni/schedule/index.html
CoCoRoniさんは、唱歌や童謡など、日本の歌を歌っているグループです。
日本の歌を歌っているのですが、ロシアの歌もレパートリーに入っています。赤いサラファンとか。
若い人たちのグループでして、私と、メンバーの一人が最年長で、あとはみなさん年下。
趣味とかいろいろ話をしてメンバーのことを知っていくと、この上なく面白く、温かい人たちだということがわかりました。

両日使ったリードオルガンはわたしの自宅にあるものをホールに運んでもらったのです。
わたしにとっては三台目のリードオルガン。
他教会のおばあさん(以前から知り合いです)が、自分が施設に入るからオルガンを持っていけないので、「オルガンの良さを知っているチカちゃんに貰ってほしい」と言われて譲り受けたものです。
その時はいくつか鳴らないリードがありましたが、家でリードを丁寧にお掃除したら音が出るようになりました♪
演奏会でオルガンはよく頑張ってくれて、両日の公演後はお客様から「リードオルガンの響きが温かい」「懐かしい」「もっと聞いていたい」と言っていただけました。
残念ながら、オルガンを下さったおばあさんは、ほかの予定があって来ることはできませんでした

もう国内では生産されていないリードオルガンが、活躍できる機会がもっと増えますように、と願っています。
リードオルガンを手放したいと思っておられる方、リードオルガンのイベントについて知りたい方は日本リードオルガン協会にご連絡ください。
日本リードオルガン協会http://www.reedorganclub.jp/