演奏会終了

2016年12月10日に、日本キリスト改革派名古屋教会でのオルガン演奏会が開かれ、無事終了しました~
(12月10日は・・・オリヴィエ・メシアンの誕生日ですねメシアンLOVE
facebookでは演奏会の事前告示しましたがブログでは事後報告になってしまいました

木下裕也牧師のメッセージとわたしのオルガンソロでした。
クリスマスや木下牧師が選んだ聖書朗読箇所や、牧師のお嬢さんがデザインされたチラシの絵のイメージに合うような選曲を心がけました。
お越しくださった方々、そして感想を書いてくださった方々に感謝です。

毎年12月のどこかの土曜日(今までは第二土曜日のことがほとんどでした)で、日本キリスト改革派名古屋教会では演奏会が開かれています。
来年も開催予定ですので、もう来年の手帳に書いておいてくださるとうれしいです

子ども二人いながらの演奏会準備は、自分の都合で練習時間を自由にとることができないので、夫の協力なしではできませんが、協力的な夫なので、年に数回の演奏会を続けていくことができています。感謝なことです。
ところで、一歳の双子を持つピアニストの知り合いは、保育園に通う子どもから風邪をうつされて、演奏会に向けての練習計画がすっかりくるってしまったと言っていましたが、子どもがいるとそいういうこともありますね。
子どもがいなかったときには自分の自己管理だけに気を付ければよかったけれど、子どもから病気をうつされることがあります。

来年1月中旬~3月は夫の在宅時間が増えそうなので、
その間に二人の子どもを夫に託し、わたしは趣味活動の時間を持ちたいと思います。
まずはカルトナージュ再開です。
もっと時間が取れそうなら、ちまちま子どものバッグとかも作りたいです。(←すでに布だけは用意してある。)

みなさんにとって来年が良い年になりますように

演奏会終了~

宗次ホールで二日続けての演奏会、お客様にも共演者にも恵まれ、無事終了しました。

11月8日は高岡美千代先生と相田南穂子さんと。
http://www.munetsuguhall.com/20161108S2.pdf

11月9日はCoCoRoniさんと2回公演。
http://www.munetsuguhall.com/20161109S2.pdf
http://tv-aichi.co.jp/cocoroni/schedule/index.html
CoCoRoniさんは、唱歌や童謡など、日本の歌を歌っているグループです。
日本の歌を歌っているのですが、ロシアの歌もレパートリーに入っています。赤いサラファンとか。
若い人たちのグループでして、私と、メンバーの一人が最年長で、あとはみなさん年下。
趣味とかいろいろ話をしてメンバーのことを知っていくと、この上なく面白く、温かい人たちだということがわかりました。

両日使ったリードオルガンはわたしの自宅にあるものをホールに運んでもらったのです。
わたしにとっては三台目のリードオルガン。
他教会のおばあさん(以前から知り合いです)が、自分が施設に入るからオルガンを持っていけないので、「オルガンの良さを知っているチカちゃんに貰ってほしい」と言われて譲り受けたものです。
その時はいくつか鳴らないリードがありましたが、家でリードを丁寧にお掃除したら音が出るようになりました♪
演奏会でオルガンはよく頑張ってくれて、両日の公演後はお客様から「リードオルガンの響きが温かい」「懐かしい」「もっと聞いていたい」と言っていただけました。
残念ながら、オルガンを下さったおばあさんは、ほかの予定があって来ることはできませんでした

もう国内では生産されていないリードオルガンが、活躍できる機会がもっと増えますように、と願っています。
リードオルガンを手放したいと思っておられる方、リードオルガンのイベントについて知りたい方は日本リードオルガン協会にご連絡ください。
日本リードオルガン協会http://www.reedorganclub.jp/

歌&リードオルガン演奏会 @ 宗次ホール


「リード・オルガンよ永遠に」
ソプラノ:高岡美千代
おはなし:相田南穂子
リードオルガン:加藤千加子


日時:2016年11月8日(火) 13時30分開演(13時開場)
入場料:一般自由席2000円
場所:宗次ホールhttp://www.munetsuguhall.com/
曲:讃美歌、セザール・フランク、大中寅二
チラシhttp://www.munetsuguhall.com/20161108S2.pdf

第10回 リードオルガン修理講習会ご案内

日本バプテスト天城山荘で、
伊藤信夫先生、伊藤園子先生、相田南穂子先生による、リードオルガン修理講習会です。

2016年9月29日(木)~9月30日(金)「基礎メンテナンスクラス」

・楽器の分解
・構造の説明
・トラブルへの基本的な対処法
  (音が出ない、ビリ音、ペダルがギシギシいう、空気持ち不良 など)
・オルガンの構造を知った上での演奏法
・工具の名前、使用方法、材料の購入の仕方

受講生の方々のお困りの点、学びたい内容に合わせて進めていきます。

2016年9月30日(金)~10月1日(土)「解体修理クラス」
修理箇所 ・大袋 ・小袋 ・リードふた ・ピットマン ・リード ・パレットバルブなど

受講料
各クラス 19000円(一泊三食)
両クラス 37000円(二泊六食)

部屋はバストイレ付きです。

申し込み締め切り9月15日(木)

主催・会場
日本バプテスト連盟 天城山荘
〒410-3206
静岡県伊豆市湯ヶ島2860-1
電話 0558-85-0625

歌&オルガンコンサート @日本キリスト改革派名古屋教会

歌&オルガンコンサートのご案内

2016年5月22日(日)14時~15時(13時30分開場)
日本キリスト改革派名古屋教会で演奏会があります。


今年はMax Regerマックス・レーガー没後100年ということで各地でレーガーの曲が演奏されています。
オルガンソロの曲では大変有名ですが、歌の曲は聞く機会が少ないようです。
演奏会ではレーガーの曲も数曲演奏します。

入場無料ですが演奏会継続のためのご寄付をお願いいたします。
演奏会後に献金かごにお願いします。


歌: 高岡美千代
愛知県立芸術大学声楽科卒業。神田詩郎、中村浩子、E.セリグ、ウーヴェ・ハイルマン各氏に師事。移川澄也に発声法を師事。
金城学院非常勤講師、野のゆりコーラス指揮者、バッハアンサンブル名古屋合唱指導、桑名くつろぎハーモニー合唱指導。コンセール"C"(セー)会員。名古屋二期会会員。

オルガン: 加藤千加子