スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルガンが来た!

ブロックオルガン 正面

ブロックオルガン 鍵盤(斜) ブロックオルガン 鍵盤(前)

2月9日(水)に日本オルガン(株)より、Hoffrichterのブロックオルガン(B-224 http://organspc.syuriken.jp/BlockOrgan.html)が来ました
当日は関西特約店の新川さんを名古屋駅でお迎えし、車でうちに移動
昼食をご一緒し、しばらくしたら運送会社がオルガンを持ってきてくれました。
ブロックオルガンという名前の通り、ブロックのように組み立てる電子オルガンです。

手鍵盤 :61鍵2段(トラッカータッチ)
ストップ :第Ⅰ鍵盤(8*2)
     第Ⅱ鍵盤(9*2、足鍵盤 6)
カプラー:Ⅰ/P、Ⅱ/P、Ⅱ/Ⅰ
効 果 :第1鍵盤 トレミュラント
    第Ⅱ鍵盤 スウェルペダル端子
メモリー :8コンビネーション × 3バンク
古典調律:5種
寸法:W92Cm、H18Cm、 D45Cm    

2段鍵盤でバロックのストップとロマン派のストップがあるので、ほとんどの曲に対応できているので練習には十分ですし、新川さんのHPにもあるように(http://www16.ocn.ne.jp/~sinkawap/hohhrichterorgan-ninki.html)、演奏会にも使えます。
酒井多賀志先生は3段鍵盤ブロックオルガンを持ち歩いて演奏会に使っています。

Hくんが作ってくれた音楽室ですが、敷地の関係上、音楽室を四角形に作ることができず、オルガンのために専用サイズのくぼみを作りました
音楽室全体はもうちょっと広いので、ピアノやテーブルなども置いています。

アルプホルン人形
写真は音楽室においてある写真立てとアルプホルンを吹くスイス人とスイスの犬バーニーズマウンテンドッグ(って言うのかな?)の木の人形です。

写真立ては熱田教会のOご夫妻が結婚祝いに下さったもの。
もともと入っていた聖書の言葉が気に入っているので、写真入れずに使っています。
「詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、
主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい」
音楽にぴったりの言葉だと思います。

スイス人と犬は、チューリヒ音大の副科ピアノでお世話になったCarl Rütti(http://www.ruettimusic.ch/)さんから結婚祝いで戴いたものです。

COMMENTS

No title

ブロックのように組み立てるオルガンてなんだか可愛いですネ。
しかもオルガンを持ち歩けることにびっくりです。
私のオルガンのイメージは金城の講堂にあったパイプオルガンなので・・・。
そういえば、一回こっそり弾いて岡田先生に怒られたっけ・・・。

No title

おー!!オルガンきちゃったんですね、素敵☆コンパクトなオルガンで持ち運びできるとは便利この上ないじゃないですか。お値段がコンパクトならなおいいのに(笑)私も欲しいな・・・♪

Re: No title

mayaちゃん

オルガンて場所をとるようなイメージもありますが、家庭用のがあります、便利ですねv-107

> そういえば、一回こっそり弾いて岡田先生に怒られたっけ・・・。
オルガンのパイプは使って空気を通した方が良いし、触って壊れるようなものではないし、多額のお金をもらっておきながら触って壊れるようなものを作る方が悪いv-8
みんなにもっとオルガンを触ってもらえるよう、関係者は理解を深めるべきだと思います。

Re: No title

ドン・チャゴンさん

たしかに値段がコンパクトだともっといいですね(笑)

オルガンを始めて12年くらい経ちますが、初めて家で練習できます。
やはりオルガンの値段や置き場所を考えたらなかなか買えないですよね。

No title

いいですね!新しいオルガン♪
私の練習楽器は20年前のKAWAIチャーチオルガンです。そろそろだめかも・・・
いまのところ練習する暇もないので、そのオルガンで何とかなりますが、
そのうち買い替えたいと思っています。
ブロックオルガン、タッチはどうですか?ローランドもよさそうだなあと思うのですが・・・きっと買うことになったら悩みそうです!!!!

Re:

Cecilia♪さん

新しいオルガンいいです!
やはり20年が寿命ですかね・・・??神戸に電子オルガン修理ができるTさんがいますが、彼も普通は20年位と言っていましたが、でもそれは壊れた時に部品がなかったりするというのが主な理由なので(電化製品と同じで・・・)、部品を自分で作れるならもう2倍の寿命は使えるんじゃないかと言っていました。
Tさんが生きている限りは修理はTさんにお願いしたいです。
日本オルガン(株)も何人かの修理してくれる人を紹介できますが、たぶんその中にTさんも入ってたと思います。

> ブロックオルガン、タッチはどうですか?ローランドもよさそうだなあと思うのですが・・・きっと買うことになったら悩みそうです!!!!

悩みますよね~

「どんな感じかな?」ってひとつ鍵盤押し下げてみた時にタッチはちょっと重めかなとも思いましたが、普通に弾いていて違和感や問題点はないです。
キーボードの鍵盤に慣れた人だとほんの少しだけ重いかもしれませんが、ピアノ経験者には問題ありません。
鍵盤はオプション出来の鍵盤にできたのですが、パイプオルガンでも木の鍵盤やプラスチックなどいろいろありますから、特にこだわりなかったのでもともとのにしました。触り心地は良いです。
バロック時代のオルガンにこだわる人はあの独特の触り心地の鍵盤を求めるかもしれませんが、ロマン派や現代曲とかも普通に弾く人ならこれで十分かと思います。

ローランドはC-330が名古屋の教室にあって、一度ローランドの方から説明を受けたり、自分でも数時間にわたって練習しました。
ヘッドホンをつけて弾いていたのですが、電子オルガンはヘッドホンありの方がなしの時より大聖堂で弾いているような奥行ある響きが感じられると思います。Ceciliaさんはどうでしょう?
音はとてもよかったし、ちょうどわたしの生徒で教会を建てなおすのに合わせてオルガンを探している、本物のパイプオルガンを買いたいがそこまで予算がないがどうしたらいいかという相談を受けたので、C-330なら値段は決して高くないのに(オルガン自体高い買い物だけど)、いろんな機能がついているし(おもしろかったのはチェンバロの音が出ること。でもチェンバロのひっかくような鍵盤の感触はないです。)スピーカーの置きかたなんかも工夫して立体感を出せるので演奏会も可能なレベルだということと、電子オルガンはさっきの話じゃないけれど寿命が20年とかなので、その間にパイプオルガンの資金を集めたらどうですかってことで、C-330をご購入いただきました。
新しい木の会堂の色と、オルガンの色が一緒で、オルガンがその建物の一部のようにぴったりで見た目にもとてもよかったです。
今までのオルガンは重厚感を出すためもあり、色がこげ茶色みたいなことが多かったですが、逆にご家庭などで使われる場合には暗い雰囲気を出してしまうかもしれないというか、いかにもそこにオルガンがありますっていう雰囲気の為に部屋が狭く感じられたかもしれません。しかしC-330は色が黄土色(新しい木の色)なので、重苦しい印象は与えませんし、鍵盤の奥行きも1mを切り、鍵盤の両隣もすっきりしています。

音質はブロックオルガンも同じように良いので迷いましたが、さらにコンパクトな感じ、持ち運べる、ということでこちらにしました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。