スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sicher ist nur eins (Franz Specht)

さて下記のような文法書を終えると、本を読むことにチャレンジしたくなります。
文法ばかりまじめにやってもきちんと使えるドイツ語が身についているのか確かめたくなるものだし、本を読んで意味が少しでも分かったらすっっっごく達成感を味わえます

ヨーロッパで言語を勉強する場合、よくこういったレベル分けがなされます。

A1,A2,B1,B2,C1,C2で、Aは初級、Bは中級、Cは上級です。1は下~中、2は中~上のレベルです。
http://www.goethe.de/z/50/commeuro/303.htm(←Goethe InstitutのHPより)
A1だと日常の生活において不自由を感じながらも簡単な短い文でなんとか自分の意思を伝えられるレベル、一方C2だと、読み書き、会話が何の不自由もなくできるレベルです。

今回紹介するこの本もHueberから出版されている薄い本で、レベルはA2です。
わずか25ページで話が完結し、その後には出てくる単語とその意味がドイツ語で書かれ、さらに物語の内容に関する問題まで付いているので、正しく内容を理解したのかを確認することができます。

内容はつまらないってことはないですが、主人公の名前がCarsten Tsara(カルステン・トゥサーラ)が発音しにくく、いつもこの名前が出てくるたびにつまりながら読みました

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。