スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンの片づけと断捨離 その後

キッチンでわたしが使わない食器類はとりあえず廊下に置いておきました。
廊下は二つあるのですが、めったに通らない廊下があるので、そこに置きました。

昨日は新婚の友人夫婦が遊びに来てくれたので、その廊下に置いた食器を見てもらって、必要なものを持って行ってもらうことになりましたが、それでもまだまだたくさんの食器が残っています。
でも、いつまでも廊下に置いておくわけにはいかないので、パンパースの丈夫な段ボールに入れることにしました。
ところでおむつしか入れられていないのに、なんでパンパースの段ボールってあんなに丈夫なんでしょうね?
解体するときに結構力が必要です。

今までは食器棚の奥と手前に食器が置かれていて、奥の食器を使うためには手前の食器をどけないといけなかったのでたいへん使い勝手が悪くなっていましたが、今はすぐに必要な食器が取り出せるようになりました。

さてこの断捨離の波に乗って、ついに汚部屋に手を出すことにしました。
三年前、この家のおばあさん(私の姑の姑)が亡くなったときに、遺品整理を仰せつかった私が手を付けた部屋で、押し入れから大量の布団が出てきた場所です。
使えない布団は、大きい車で名古屋の破砕工場に持っていき、まだ使えそうな布団はクリーニングに出し、そのあと布団を必要としている知人一家に送りました。
クリーニング店の人が、「なんでこんなに布団を持っているんですか」って聞いてきたほどの量です。
押し入れからは昭和レトロなかわいいホーロー鍋が新品のまま出てきて、私が使っています。

この部屋は窓のない部屋で、人がくつろげる部屋ではありませんので、ここ三年の間に「今必要のないもの、片付ける場所のないものはとりあえずここへ・・・」となって、物がどんどんため込まれてしまいました。
一番の原因は私の実家の片づけのときで、持ち物をこの家に持ってきたときの一時置き場にしてしまいました。
ほこりがたまっているわけではないので汚部屋ではないかもしれませんが、モノがあふれてしまったので、私から見ると汚部屋と言わざるを得ない状況になってしまいました。

まだまだ時間がかかりそうですが、今日は45リットルの可燃ごみ1袋分出せました。

私は夫の実家に住んでいますが、亡くなったおばあさん、亡くなった義父、入院中の義母のモノを捨てる作業は私なので大変です。
名古屋市のごみの分別に詳しくなりました。
義母は亡くなった義父の持ち物を捨てられなかったので、そのまま残っています。

よく遺品整理で遺族が「おばあさんはどんなものを残してくれたんだろう?何かお宝でも出てくるといいな。」なんて思いながら遺品整理を始めるけれど、実際に出てくるものは空箱、缶、ねちゃねちゃになったカバン、湿気やカビの匂いのする時代遅れで誰も着られないような服しか出てこなかった、なんて話を聞きますが、うちもそんなもんです。

特に家が代々続いているような場合は、そんながらくたも増えていきます。

昔は嫁姑の関係が厳しかったので、年老いた姑が施設に入って、明らかに家には帰ってこられないのに、姑が死ぬまでは嫁が姑の持ち物を捨てるなんてことはありえないと思われていたかもしれませんが、私の義母もそんな感じでした。
おばあさんの子どもたちの目もあるので、その人たちから、「死んでいない人のものを何で捨てるんだ」って言われちゃう、と姑は思っていました。

でもこれって結構怖いというか、私の義母を見ていて思ったのですが、いざ自分が物を捨てる権限が与えられたとき、物を捨てる気力がすっかりなくなっているんですよ。
体力がなくなったから、という理由もありますが、長年たくさんのものに囲まれて暮らしてきて、それが普通になって、何を捨てたほうがいいのか判断がつかなくなったという理由が大きいように思います。

ところで断捨離を始めてから、ほかの人は断捨離をどうやっているんだろう?と興味が出たのでネットサーフィンしていたら、面白いブログを発見したので載せておきます。
毎日記事が更新されていて面白いです。ご主人はタメコミアンだそうです。
筆子ジャーナルhttp://minimalist-fudeko.com/

この人は本も出しているそうですね。
名古屋ご出身だそうで。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。