スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会楽譜ライブラリーを共有できないものか?

オルガン仲間のマキさんがfacebookで、

それにしても、輸入楽譜は高額過ぎますね。
プロを含めて教会では「奉仕」が多い奏楽者には、なかなか薦められない・・・。

と書いてあるのを目にして、わたしにも身に覚えがあると思い、ブログに提案を書くことにしました。

輸入楽譜も含め、オルガン楽譜はとにかく高いというイメージがわたしにもあります。
日本キリスト教団出版局から出ている楽譜は安い方なので良心的と思います。
しかし他に弾きたい曲があって、またはちょっと見てみたい楽譜があって、楽譜を手に入れたいんだけど、昨今は著作権の意識も高まり、やはりコピーで手に入れるのではなく、なるべく買った方がいいなと音楽家も思うと思うのですが、
公立の図書館にお目当ての楽譜がないことも多々ありますので、「ちょっと見てみたい」レベルの楽譜であっても、値段は高くても自分で購入ということになります。

わたしの所属する教会には、オルガン楽譜ライブラリーがありますが、あるオルガニストの勧めによってそろえられた楽譜たちは、わたしの教会の奏楽者たちにはレベルが高すぎて参考にならず、結局はそれぞれの奏楽者が個人で持っている楽譜だけが頼りで、そこから選曲して礼拝で弾いています。
そして中にはいつも同じ曲を前奏後奏で弾く人も。
新曲に取り掛かる時間がないから、という理由もありますが、もっと簡単な曲の楽譜があるということを知らないという理由もあるんですね。

わたしは演奏会やその他の集会の奏楽で他教会に出向くことがあり、それぞれの教会の奏楽者とお話ししたり、オルガン楽譜ライブラリーがあれば少し見させてもらうのですが、教会によっては充実したライブラリーがあり、いいなあと思うことがあります。
中にはとても古い楽譜もありまして、演奏解釈の点から疑問だらけの楽譜もそのまま持ち続けている場合も見かけます。
「解釈が間違っているから」という理由で参考にならない楽譜は、楽譜にごめんなさいして破棄する勇気も必要と思います。

オルガン楽譜は私の場合はササヤ書店http://www.gakufu.net/でお世話になったり、アマゾンで見てみたり、スイスやドイツの楽譜屋さんや出版社に直接問い合わせて、オルガン楽譜やオルガン関連書籍を手に入れるのですが、手に入れてみて初めて「思ってた物と違った」と、ちょっと後悔したりすることがあります。

名古屋では実物を手に取って考えてから買えるような、オルガン楽譜・関連書籍の充実した楽譜屋さんがないので、人から聞いて「この楽譜・本、良かったよ」って言われたら、そのまま上記の楽譜屋さんから取り寄せということになります。

今までたまたまそうだったのですが、ササヤ書店さんや、スイス・ドイツの楽譜屋さんや出版社に問い合わせてはずれだったことはないのですが、アマゾンで頼んだものが、イメージと違ったということがありました。
わたしの事前の情報収集不足と言えばそれまでですが、やはり実物を見てから買いたいものです。

そこで、教会で保管してある楽譜のタイトルや出版社をネットで公表して、その教会に行けばこの楽譜が見られる、という風にできないものでしょうか。
住んでいるところから遠ければ無理ですが、近くの教会で「あ、わたしの探している楽譜があった」とわかれば、一度その教会にお邪魔して、楽譜を実際に見てから購入するかどうか判断できると思うんです。

わたしは地区の音楽講習会でお手伝いさせていただくことがあり、その時に受講生には「こんな楽譜がありますよ」とお勧めしたいので、自然と楽譜購入の機会が多くなります。
まさかタイトルだけ見て「これ良いですよ」なんて言えませんもの。
自分で実際に使って、値段と内容が合っているか?を判断して、そのうえで良いと思うものを受講生に薦めたい。
勧める時にはその楽譜の実物を皆さんに見てもらいたい。

教会のライブラリーの所蔵楽譜が公開されていれば、受講生として講習会に参加する奏楽者も、自分の足で他教会にお邪魔して楽譜を見ることもできますね。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。