スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讃美歌伴奏

昨日は改革派中部地区の音楽講習会でリードオルガンクラスを担当しました。
昨年お会いした方、新しくお会いした方もいらっしゃったのですが、昨年お会いした方は一年の間に目に見える成長があり、わたしは救われた感じがしました。
というのは、一般的に音楽のレッスンというのは、一年に一回のレッスンでは上達しないことが多いからです。(と、わたしは思っています。思い込んでると言った方が良いのかも。)

わたしが音大に入る前も入った後も、オルガンレッスン・ピアノレッスンは毎週レッスンがありました。
レッスンとレッスンの間の一週間、練習している間に、「この前のレッスンで先生何言ってたかなあ」と忘れてしまうこともあれば、「ココはどう弾いたらいいんだろう」と新しく疑問も出てきたりして、一週間に一回はレッスンを必要と感じていました。
他の音楽講習会で自分が生徒として出席して、他の生徒の演奏を聴くことがありますが、「あ~講師の先生、その話前の時も言っていたのに、この人言われたこと出来てないなあ」と思ったり、自分も前に言われたことと同じことを注意されたり
だから音楽のレッスンで一年に一度というのは非常に少ない回数であると言えます。

どの教派でも音楽講習会は一年に一度だけの開催が多いと思いますが、演奏技術のことだけでなくその周辺の学問的なことも含めると、一回では伝えられるものではなかったりします。
生徒さんも一回にたくさん色々言われてすぐに記憶してずっと覚えておくというのは難しい話だと思います。

でも昨日の講習会では昨年出席した方々が、昨年「ここをこうすると良いですよ~」って伝えたことができるようになっていて、こちらがびっくり

すごく救われた気がしたというのはそういうことでした。

ところで講習会では讃美歌の弾き方をみなさんに伝えました。
と言っても難しいことではないのですが。

讃美歌は四声体で書かれていて、いつもいっぺんに四声が次の音(これまた四声)に移動するという、実は何とも難しい種類の伴奏なんですね。
ピアノを習ったことのある方、入門の時、いきなり四声の曲なんて弾きましたかね?
普通一声か二声かという感じではないでしょうか・・・

礼拝奏楽はピアノやオルガンのプロが担当することは非常に珍しく、礼拝で弾いている人は「昔ピアノを習っていた」とか「他に弾く人がいないから自分が矢面に立たされて」とか、そんな理由で始めた人が多くいます。
中には「何かきっかけがあれば自分は奏楽を辞めてしまいたい」という人も。
もちろん言い忘れてはいけませんが、神さまのために熱心に奏楽奉仕をしようと、日々練習を続けている人も多くいます。

ただ、大人は奏楽の練習だけで毎日過ごすわけにはいかず、家のこと仕事いろいろ抱えつつの奏楽練習です。
どうしても練習が十分でない状態で礼拝で弾かなければならないことが多くなってしまいます。

だから四声での讃美歌伴奏というのは演奏技術的にも準備する環境的にも難しいんですね。

 
が売られていてお勧めです。
「80曲」の方は54年度版の讃美歌に対応しています。

昨日の講習会では、ソプラノ(讃美歌メロディー)とバス(左手)だけ弾いても十分伴奏として成り立つことを伝えました。
四声体を無理して弾いて、本番の礼拝で、沢山音を間違えてしまったり、四声体が難しいからと言ってゆっくりにしか弾けなかったり(歌う方にとっては息が続きません!)、つっかえながらしか弾けなかったり、途中で伴奏が消えてしまうくらいなら、二声で最後まで確実に弾ける状態で最初から練習して本番でも弾いた方が、伴奏としては100点です。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。