スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌&リードオルガン

歌&リードオルガンコンサート
コンサート終了後、1階で教会カフェをオープンします!


入場無料
今後の演奏会実行のための任意のご寄付をお願い致します。

日時:2014年8月31日(日) 
14時~15時(13時30分開場)
場所:日本キリスト改革派名古屋教会
名古屋市西区浄心本通3-37-1
Tel.052-531-9768

曲:どんなときでも(讃美歌21-533番)
平和の祈り(高田三郎)
主の祈り(アルバート・ヘイ・マロッテ)
その他

多くの唱歌の伴奏に活躍しました。
しかし、宣教師によって日本に持ち込まれたリードオルガンは明治期より、讃美歌の伴奏をすることが、最初の仕事でした。
リードオルガンの伴奏に讃美歌をのせてお届けします。

歌:高岡美千代
愛知県立芸術大学声楽科卒業。神田詩郎、中村浩子、E.セリグ、ウーヴェ・ハイルマン各氏に師事。移川澄也に発声法を師事。
金城学院非常勤講師、野のゆりコーラス指揮者、バッハアンサンブル名古屋合唱指導、桑名くつろぎハーモニー合唱指導。コンセール"C"(セー)会員。名古屋二期会会員。

オルガン:加藤千加子

歌&リードオルガン
クリックしてください。(拡大できます。)

2014年9月1日追記
演奏会には多くの方にお越しいただきまして、心から感謝です。
また、演奏会後の教会カフェにも多くの方にお立ち寄りいただきまして、そのことも感謝です。
「わたしはこの讃美歌にはこういう思い出があるので、今日聴けて良かった」というご感想の方が何名かいらっしゃり、音楽って単に音楽が美しいから感動したということをこえて、その人の人生の一ページに関わるんだなと改めて思いました。
「リードオルガンの音がきらきらしていた」「こんなに大きい音もこんなに小さい音も出るんですね」というご感想もいただきました。
名古屋教会以外の方ですでにこの演奏会シリーズに何度も足を運んでくださっている方もいらっしゃり、続けていく原動力になっています。本当にありがとうございました

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。