スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオ体操

わたし、20年肩凝り持ちです。
数年前は、寝違えたときに首が回らなくなって、そのまま3カ月過ごしたこともあります。
頭が斜め右を向いたままなのです。
オルガンを弾くときも、斜め右を向きながら弾きました。(笑)
病院に行ったらリハビリと言うことで硬のマッサージを受けたのですが、何度目かの時理学療法士に「もうここには来てはいけません。筋肉は揉まれた時は柔らかくなりますがその後硬くなる性質があります。お年寄りなんかは運動せずにマッサージに毎日来ているでしょ?筋肉が硬くなって、毎日マッサージを来ないといけない状態になっているんですよ。肩こりを直す一番の方法は運動です。肩凝りが酷くなると、肺が圧迫されて呼吸もできなくなりますよ。」って言われ、ラジオ体操を5日続けました。
最初は腕が肩より上に上がらなかったのに、5日目にはするすると上がるようになりました。

わたしは移動が多いのですが、一日外で過ごすための道具がカバンの中に入っていて、カバンが重いです。
オルガンの楽譜、靴以外にも、移動中に読む本、水筒などなど。
せっかく遠くに行くならと、ガイドブックを持っていくときもあります。

重たいカバンを一日持ち歩いていると夜には肩が凝っていますが、そんなときもラジオ体操にお世話になっています。



座ってもできる立ってもできるラジオ体操 by NHK

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。