スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式場のオルガニストの仕事

音大を出て日本に帰った直後から、月に1~2回程度のペースでいろんな音楽事務所でキリスト教結婚式のオルガニストのお仕事をしてきました。
特に自分が結婚した時には(わたしの場合は、わたしも夫もクリスチャンなので本物のキリスト教会で式を上げましたが)、結婚式が楽しかった思い出があり、その楽しさ・幸せをこれから結婚する人にぜひ経験してもらいたいという思いで、この仕事を続けています。
結婚式は、もちろん土日祝日が中心となって来ますが、最近出てきたスマ婚で、平日もお式があります。
私は日曜日は教会へ行くので、結婚式場オルガニストの仕事は、土曜日や平日が中心となってきます。

今月は新しい式場でデビューしたのですが、広くて雰囲気のあるチャペル、本物の牧師先生(実は結婚式場の中には、なんちゃって牧師が司式していることがあります。特に外国人牧師・・・)で、素敵な会場です。
お式ではバイオリンと聖歌隊が一緒に弾くのですが、
実は・・・バイオリニストの方がなんと言って良いやら・・・なのです。

新婦入場の曲の前奏部分はバイオリン+オルガンで弾いて、扉が開いて新婦がお父様と一緒に入場。
そして聖歌隊+バイオリン+オルガンで曲が続きます。

わたしにとっては初めての式場、初めての曲ですから、今までこの式場で演奏してきた人たちのやり方に合わせたいという気持ちはあるのですが、バイオリニストがやたらテンポのことをわたしに言ってくるのです。
一小節弾いただけで「遅い」とか「速い」とか言われ、苦労しました。
聖歌隊とオルガンで弾いているときに、バイオリニストがわたしに指を鳴らしてテンポを速めようとして来て、わたしが速く弾くようにすると、ゆったり歌っている聖歌隊とますますずれていってしまう、というなんとも滑稽な話でして・・・
でも初日にバイオリニストに対して「アンタ抜きで聖歌隊とだけ速さの確認がしたいです」なんて言えないです。

そのバイオリニストは、自分が最初から最後まで一定のテンポで弾いていると思っているようですが、
実は、バイオリニストが「最初から最後まで一定のテンポで弾いている」と思っている曲の前奏の部分は、メトロノームで言うと四分音符=76の速さで弾いていて、ドアが開いて新婦入場して聖歌隊の歌が加わるときには大きなリタルダンドをかけて、四分音符=63のテンポで弾いているのでした

普通、リタルダンドをした後は、前のテンポに戻るのでは・・・?
でもリタルダンドして最も遅くなったときのテンポで続きを弾くのです・・・。
もちろん拍子は変わっていないんですけどね。

その式場に入る音楽家の意向で特定の部分のテンポが通常のやり方と違うというのはそれはそれでよいのですが、それをわかって人に説明するという人がいないのが問題と思います。

バイオリニストが自分は最初から最後まで一定のテンポで弾いていると言っているので、「ここからちょっとゆっくりになっていますよね~~??」って言うと、「そんなにゆっくりになっていませんよ!」という答えが。
メトロノームで76と63って、相当違うと思うけど、プロでも気づかないものなんですね・・・
まあわたしが後から入ってきた人間なのでこれ以上本人には何も言わないつもりですが・・・
音の鳴らないようにしたメトロノームを持ち込んでテンポを計りましたが、彼女の言っていることは明らかに間違っているとわかり、ホッ

長年の無自覚の慣れって恐ろしいですね・・・

たぶん、ドアが開くまで(=新婦入場前に)だらだら弾きたくないという気持ちがあって、前奏の部分を無意識に早く弾いているんだと思います。

「ここでテンポが変わる」というのがわかったので、わかってからはバイオリニストや聖歌隊に合わせることができました。
めでたしめでたし・・・なのか?

追記
その後・・・
そのバイオリニストの方とのお付き合いを通して、その人が、「人にこうなってほしい」という思いが強く(自分を変えようとはしない)、「音楽はこうでなければならない」と、「自分の主観=みんなの常識」という風に考えていることがわかりました。
その上、涙目になって人に自分の考えを訴えて感情の起伏が激しく(大人なのに、そういうことになる人は怖いです。)、
「ここの音が間違っているから弾いてみて」と言われたので弾いてみても、結局どの部分でそう思われたのかはっきりせず、「とりあえずここはあなたに注意したから!」と言い、
(要するに彼女の空耳だったのですが、自分の耳が間違っていたなんて絶対認められないのでしょう)
聖歌隊の方たちからもご心配いただき、彼らから彼女の話をわたしも聞きましたが、
演奏上において「相手がこう弾く⇔自分はこう弾く」という引き出しが一つしかないので、演奏相手が変わっていつもの相手と違うことをされると自分が対応しきれないタイプであることがわかりました。
偏執質なバイオリニストに粘着されてわたしはほとほと困り果てましたので、その方とは今後組まないようにして、物理的な距離を取るしか解決策はないと思います。

成熟した方はそんなことはないのですが、そうではない人の中には、自分の評価のためには人を蹴落とす人がいます。
こちらがどうこう言っても変わらないと思われる場合は、こちらから距離を取るしか方法はありません。


COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。