スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月17日詩と音楽の夕べ

日本キリスト改革派関キリスト教会で、名古屋教会木下裕也牧師の詩と、オルガン演奏による集会が持たれました。
刃物の町「関」ということで、包丁をいただきました。「高級御料理庖丁」と書いてあり、大した料理をしていない私が使っちゃっていいのかどうか
大切にします。

関キリスト教会は礼拝出席者が約80名いらっしゃるそうで、お一人お一人の信仰を感じました。
また、牧師の橋谷先生の面白いお人柄も、みんなが礼拝に来たくなる一因なのではと思いました。

DSCF2937_convert_20121209211818.jpg

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。