スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そよ風のリードオルガン

リードオルガン奏者中村証二先生のCDです。
ヨーロッパのハルモニウムのための曲から、日本の作曲家大中寅二がリードオルガンのために書いた曲まで、そして時代的にも、バロック、ロマン派、現代からの曲が収められています。

使用楽器は、日本キリスト教団坂出教会(香川県)所蔵の池内オルガンと、ヤマハ製リードオルガンです。

中村先生は、小柄で、話し方の優しい方です。
先生から出てくるオルガンの音は、優しい、美しい音、と同時に、力強さもあり、先生の持っている色々な人間性が出ています。
決して「自分が自分が」という演奏ではなく、楽器がどのようにしたらいちばん鳴ってくれるのかを考えた演奏をされます。



1.入堂Ⅰ
2.聖餐のパンをかかげてⅢ
    「神秘の時」より(ボエルマン)
3.愛する魂よ、美しく装え(ブラームス)
4.変奏曲「イエスよ、わが喜びよ」(ツァッハウ)
5.フーガ ホ長調 BWV878(J.S.バッハ)
6.前奏曲 イ長調
7.前奏曲 雅楽調
    「オルガン聖曲集第一編」より(大中寅二)
8.アレグロ ニ短調
9.ポコ・レント ニ短調
10.安打ンティーノ ヘ長調
    「晩祷 op.14」より(エルガー)
11.あるフランス民謡による変奏曲(「あめのきさき」)(ニクソン)
12.アンダンテ・エスプレッシーヴォ ドリア調
    「35のミニアチュール」より(ペーテルス)
13.主はわがかい主(中村証二編曲)
14.まぶねにやすけく(ワチンスキー編曲)
15.久しく待ちにし(ペーテルス編曲)
16.祈り(レンメンス)
17.アメイジング・グレイス(カーター編曲)

COMMENTS

No title

はじめまして、オルガニスト検索から参りました。
私が始めてストップオルガンに惹かれたのは、ここに書かれたいる坂出の教会での音色でした。
今はホールを持つ公民館へ寄付してありませんが、一度あのオルガンの本当のパフォーマンスを多くの人に聞いてもらえればいいなと思いますが難しいようです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。