スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金城学院大学キリスト教センター オルガン

金城学院大学キリスト教センター。1時限目の授業前に約20分ほどの礼拝が毎朝行われている場所です。
卒業生の中には、ここで結婚式を挙げた人も大勢います。
そして、わたしが初めてオルガンを習った場所です。
このオルガンとの出会いによって、オルガンを専門的に勉強したいと思うようになったのです。

大学内の建物が新しく生まれ変わったり、新しい建物が建つ中で、キリスト教センターは建て替えられなかったのですが、ついに今年から建て替えに着手されることになりました。
キリスト教センターが、明治時代から戦争中も、どんな困難な時代にあってもキリスト教を守り続けた金城にふさわしい建物に生まれ変わることを望みます。

Casavant frères カナダのカサヴァン製のオルガン
Casavant 全景 Casavant 鍵盤 Casavant ネームプレート Casavant 斜景

COMMENTS

私もこのオルガン大好きです

加藤先生
私もこのオルガンを今年の前期に初めて触らさせていただきました。いままで、府中の森、リリアホール、みなとみらいホール、オペラシティーと触りましたが、何かとても大味な感じで、オルガンに弾かされているという感じで、金城学院のオルガンほど、「ああ一緒に曲を弾いているな〜」と思えたオルガンはありませんでした。大きさや音やストップ数がちょうど良く、ホールの大きさもちょうど私には良かったです。このオルガンに惚れちゃいました。また、新しい礼拝堂が出来て講座が再開されたら、東京からこのオルガンを弾きに行かせていただきたいです。それだけ魅力的でした。

金城学院の新礼拝堂

加藤先生、大変ご無沙汰しております。
今日、FBを見てたら、金城学院の新礼拝堂の土台が出来上がってきましたね。新礼拝堂が出来あがり、もしパイプオルガン講座が再開されたら、またぜひ参加したいです。
いろいろなパイプオルガンを触らせていただきましたが、金城学院のパイプオルガンが一番好きです。大きさがちょうど良く、自分でオルガンを弾いていると思えるパイプオルガンです。大きなホールのパイプオルガンは大きなトラックを運転している感じで、ちょっと違うな〜と思ってました。名古屋ですが、ぜひ講座を受けたいです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。