スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.S.Bach, Orgelwerke in 9 Bänden - Band 8

ペータース版から、J.S.バッハのオルガン曲全集が9巻出ていますが、8巻目はオルガンを習い始めてペダル付きの曲をやるときの代表的な曲である「8つの小プレリュードとフーガ」が載っています。

「小」プレリュードとフーガですが、やはり簡単な曲ではないと思いますので、しっかり練習しましょう。
曲によってはプレリュードは比較的簡単だけどフーガの方は難しいというのもありますので、とりあえずプレリュードが弾けるのを目標にしても良いと思います。

プレリュードは前奏曲で、礼拝の前奏として弾くことができます。
フーガを礼拝の後奏で弾いても良いです。
日本の教会は後奏がとても短いことが多いので、フーガを弾くことは時間的に難しいかもしれないですね。
その場合はフーガを前奏曲にしても良いと思います。

コラールのメロディーをもとにしているわけではないので、レパートリーに加えておけば、いつの礼拝に弾いても良いですね。
もちろん、長調短調の持つ雰囲気はありますので、聖書箇所や礼拝説教の内容と曲の雰囲気が合うように気を付けましょう。



COMMENTS

No title

こんにちは。
私は『小プレリュードとフーガ』の第1番を
パイプオルガンでレッスンを受けました。
プレリュードは何とか弾けましたが
フーガは左手と足が同じ動きになってしまい
とても苦労しました。

Re: No title

ニケさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
そうそう、全体的にフーガの方がプレリュードよりも難しいから、フーガの方が後回しになっちゃいますね。
プレリュードだけを何曲かやって慣れてきたら徐々にフーガも挑戦するようにするといいですね。

Re: No title

「姿勢が悪い」という結果だけを見ても根本的な解決にはならないと思います。
「なぜ」姿勢が悪くなるのか、というところを見ていきましょう。
ひとりひとり体つきは違うわけですが、みんな同じベンチに座って弾くことになるので、弾きにくい人がいてもおかしくないと思います。
ですから自分に合ったベンチの位置・高さを研究する必要があります。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。