スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リードオルガンたちとハルモニウム

写真をアップするのが大変遅くなりました。
11月下旬に東京行ってきました。いろんなことが理由で。
理由の一つは、東京にお住いのI先生のお宅にリードオルガンたちを見に行くこと。
M先生からのご紹介で、I先生と知り合うことができました。

ご自宅に到着すると、さっとくオルガン部屋に入れていただきました。
数々のリードオルガンたちが目に入りました。
写真はほんの一部です。
オルガニストのJoris Verdin先生がI先生のお宅に遊びに来たことがあるそうです。
確かに遊びに行きたくなるような、楽器博物館のようなお部屋。

リードオルガン1 リードオルガンたち 

リードオルガン エスティ社


I先生は模型でリードオルガンの内部の説明をしてくださいました。
模型で内部の動きがみられるので大変わかりやすいです。
吸気式(=リードオルガン)と吐気式(=ハルモニウム、ハーモニウム)の違いがよくわかります。
リードオルガンの模型1 リードオルガンの模型2
リードオルガンの模型3

パイプオルガンも同じ部屋の中に・・・
パイプオルガン

実は一番触りたかった楽器、ハルモニウム。
リードオルガンに比べて音が華やかな感じがする楽器だと思います。
スイスにいた時にハルモニウムの曲と出会い、その素晴らしさに感激しました。
パイプオルガンに通じる、ダイナミックさを感じました。
音量も充分。
パイプオルガンに比べて楽器が小さいという見た目と、そこから出てくる音楽は全く関係ないです。
パイプオルガンもハルモニウムもすばらしい。
日本でまさかハルモニウムに触れるとは思いませんでした。
フランクの曲を練習させてもらいました。
ハルモニウム

感動の一日でした

COMMENTS

No title

すごいですね!!!
これだけ楽器があるなんて。
しかも立派なオルガンも。

もしかしてI先生って、今の私の師匠???
師匠からは「本物を買いなさい」と言われているけれど、
家に置くのは難しそうだわ。

Re: No title

Ceciliaさん

コメントありがとうございます。

ホントに一軒のお宅にこんなに楽器があってすばらしいですね。
I先生とは、伊藤先生とおっしゃる方です。
本物を買えと言われても、実際は難しいですよね(^_^;)

No title

初めまして。

ピアノとリードオルガンを演奏・指導しておりますニケと申します。
勝利の女神・ニケです。

リードオルガニストさんのブログはないかな~?と探して辿り着きました。
伊藤先生の事が出ていたので、コメントしました。
私も数年前、伊藤先生のお宅にお邪魔させていただき
リードオルガンの楽譜についてたくさんのことを教えていただきました。

日本リードオルガン協会の総会でご一緒したことがきっかけで
お知り合いになりました。
本当に立派なオルガン室ですよね。

私の前にコメントを入れていらっしゃるセシリアさんも
もしかしたらネット上ですが、お知り合いの方かもしれません。

また、お邪魔させていただきます。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。