スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内明彦先生

竹内明彦先生とお知り合いになって数年。
先生は「パイプオルガンは僕の憧れの楽器なんですよ~。僕の卒論はパイプの中を流れる空気についてでした。」っておっしゃってて、「だからいつか一緒に演奏したいと思っているんです」と、ものすごいアプローチの結果、来月のオルガンの秋で一緒に演奏させていただくことになりました。
わたしにとっても、日本の楽器との演奏はとても楽しみ。
それに先生と演奏させていただけるなんて、光栄なことです。
10月13日(木)には拙宅で一緒に11月の新曲を練習してみました。
それにしても笛ってひとことで言ってもたくさんあるんですね

どの笛を使うか、選んでいる様子

竹内先生の笛たち

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。