スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮本とも子先生のクラヴィコード・コンサート

2011年12月3日(土)18:45~浜松楽器博物館天空ホールで、宮本とも子先生のクラヴィコードコンサートが開かれます。(入場:大人¥2,000、学生¥1,000)
先日、宮本先生にクラヴィコードを教えていただいたのですが、響く音を出すだけでも一苦労で、ひたすら1時間弾いていたらなんとか響く音が出てくれるようになりました。
とても小さな音を出す楽器ですが、扱いがとても難しいんです。
上から目線で弾いたんでは、はまったく反応してくれないんです。(笑)
でもやっと響く音が出た時は、初めてピアノを触った時のようなうれしさがじわじわとこみあげてきます

クラヴィコードコンサートhttp://www.gakkihaku.jp/lecture/123clavichord.html

COMMENTS

クラウ"ィコード

新しい音を探索?
素晴らしい!

楽譜を教会で受け取りました。ありがとうございました。
目下 トランペットの音が気になります。

No title

クラヴィコード、ドイツで弾かせていただきました。
難しいですよね。
でも勉強になる楽器だと思います。

Re: クラウ"ィコード

> 新しい音を探索?
> 素晴らしい!

弾き方がコツをつかむまで時間がかかりそうです。
宮本先生が弾くと、小さい音量の中で、さらに十分な強弱が付けられていて、音楽の根本を考えさせられます。
大きい音・小さい音、と一口に言っても、相対性が充分でないと、いくら大きい音を出しても大きく聞こえないのですね。大きい音を出したいときに、やたらめったに大きい音を出そうとするのではなく、大きい音を出すために小さい音をどのくらい出せるかによって効果が違ってきます。

Re: No title

> クラヴィコード、ドイツで弾かせていただきました。
> 難しいですよね。
> でも勉強になる楽器だと思います。

とても難しいです。
弾くのも難しいけれど、楽器に触れる場所を探すのも難しいv-12

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。