スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古楽器に触れる会

2月21日(土)夜な夜な、ファニチャーX 古楽器に触れる会に初参加しました。

名古屋市大須にある豊田たんすさんで年に数回開催される会です。ここは上質オーク材をつかった家具屋さんで、温か味のある家具がたくさんおいてあるのですが、ご主人である豊田章裕さんが趣味で古楽器も手作りしています。

古楽器に触れる会を主催しています高山さんや他のメンバーが、笛系、弦楽器系の古楽器も持ちよります。そして、古楽器をこよなく愛する皆さんが、楽器を触りまくるという会です。なので高山さんは「早いもん勝ちですので遠慮は禁物です!」と何度もおっしゃっていました。

ファニチャーX 古楽器に触れる会

写真のチェンバロは、いかにも古そうですが、よく見てみると1994って書いてありました。豊田さんの手作り。
ファニチャーX 古楽器に触れる会 チェンバロ 全体像 ファニチャーX 古楽器に触れる会 チェンバロ 鍵盤

オルガンもあります。手作りです。

ファニチャーX 古楽器に触れる会 オルガン

ファニチャーX 古楽器に触れる会 ポジティブオルガン ファニチャーX 古楽器に触れる会 ポジティブオルガン 鍵盤 ファニチャーX 古楽器に触れる会 ポジティブオルガン パイプ

本店にも豊田さん手作りのパイプオルガンが置いてあります。

ファニチャーX 古楽器に触れる会 パイプオルガン  ファニチャーX 古楽器に触れる会 パイプオルガン 内部

左写真の銀色のパイプですが、紙を固く丸めて作って、銀色に色を塗ったそうです。それでも一人前の音が出ているからびっくりですストップは4つありますが、ひとつはダミーで、音には何の関係もありません。イタリアのオルガンには音の出ないパイプなんかも備えてあることがありますが、豊田さんもそんな「なんちゃって」なストップを作ったそうです。
いらなくなった家具を利用して作ったそうです。右はオルガン内部の写真ですが、ミッキーマウスの絵が描かれてあります。うっすらと見えますね。これはミッキーマウスの絵のついた机を再利用したそうです。

豊田さんは多趣味で、楽器以外にも「役に立たない」(←と豊田さんご自身がおっしゃっていました)電気機械も作っています。目の前で火花を散らしてくださいました火花を散らしているときの豊田さんは本当にしあわせそうです(笑)。

電気博物館

またお邪魔しま~す

テーマ : 音楽 - ジャンル : 学問・文化・芸術

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。