スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋オルガンの秋2011「和の響き」

名古屋オルガンの秋2011「和の響き」
オルガンの演奏会ですが、日本にちなんだ曲、和楽器との演奏など、一味違う演奏会です。

日時
2011年10月2日(日)15:30~
2011年10月15日(土)14:30~
2011年10月22日(土)18:00~
2011年11月13日(日)15:30~
2011年11月23日(祝)
2011年11月27日(日)15:30~

場所
11月23日のみ「ロゴスセンター」
他は「五反城教会」

ロゴスセンター
名古屋市昭和区八雲町104
地下鉄「八事日赤」または「名古屋大学」下車

五反城教会
名古屋市中村区二瀬町27
地下鉄「岩塚」下車

パンフレット(クリックしてください)
名古屋オルガンの秋2011「和の響き」(表) 名古屋オルガンの秋2011「和の響き」(裏)

わたしは11月13日に竹内明彦先生と演奏させていただきます。
篠笛とオルガンという非常に珍しい組み合わせです。

竹内明彦
1947年東京生まれ。1970年より浜松市在住。
1962年より三味線を故五世杵家彌七に、1964年より笛及び囃子を故望月太意五郎に師事。また1966年頃より作曲を故野村豊、故杵屋栄三郎に学ぶ。1988年より6年間、浜松市青年婦人会館主催の横笛教室講師。
1991年より1995年まで薬師寺、延暦寺、東大寺などで行われた、世界的打楽器奏者ツトム・ヤマシタの供音式にて、笛(能管)を担当。また、CD「太陽の儀礼Part I」(校正出版社)に笛で参加。1997年教育映画「規矩術」のサウンドトラック録音に笛(能管、篠笛)、小鼓で参加。1998年4月テレビ東京「人間劇場」の音楽を箏曲家「てん・仁智」と共演、テレビ東京系で放映。1999年てん・仁智氏のリサイタルにて三味線で共演。「松竹梅」等を演奏。2007年映画「ひぐらしのなく頃に」の劇中神楽演奏に参加。
現在、大阪芸術大学非常勤講師、自宅稽古、作曲、音楽プロデュース、同好会指導、執筆、等にあたる。和楽器のある音楽集団「竹明会」主宰。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。