スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の夏にプレゼントしたボール

Scheidegger+Enkelkinder


黄色いボールを左手に持っているのは、スイスでのオルガンの恩師Rudolf Scheidegger先生。
今年の夏に夫とチューリヒに行って先生ご夫妻にお会いしました。
相変わらずオーラを放っていた先生。
奥さんには在学中からいろいろ愚痴を聞いてもらい、困ったことがあった時には「ナントカしてください」と助けを乞うこともしばしば。
(昔ある学生と付き合っていた「あんな男とは別れた方がいいわよ」とアドヴァイスされたことも。笑。)
とても久しぶりに会うのに全然変わらない態度で接してくださった。
投げると模様が変わるというボールを日本からお土産に持って行ってプレゼントしました。
その後、この写真が送られてきました。

お孫さんと遊ぶときにボールを使ってくれているそうです

また先生たちと会いたいな

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。