スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年9月3日 オルガニストフォーラム「レジストレーション」

大型の台風でいろんな影響が日本中に出てしまった先週末でした

それにもかかわらず、名古屋の3日(土)だけは台風の中でも何とか天気に恵まれ、雨もほとんど降らず、強い風だけがあった状態で、オルガニストフォーラムには予想以上の参加者がご来場くださいました。感謝。

今回のテーマは「レジストレーション」。
オルガン初心者にとってはとても扱いづらいレジストレーションですが、どんなにプロになっても、そのオルガンや曲に最もふさわしいレジストレーションを考えるのは大変なことです。
オルガンには規格がなく、一台一台個性を持っているからです。

受講生には、オルガンを習っている方、奏楽者の方も多いので、よく弾かれるような曲やジャンル、礼拝などでもっと弾いてほしいジャンル()を例に取り上げながら講習会を進めました。

奏楽者の多くは、教会にある電子オルガンに、すでにオルガン会社やオルガンの先生にセットしてもらったレジストレーションを使っている方が多くみられます。
前奏の時には「1」、讃美歌の時には「2」など。
だから、そのセットを崩してしまったらもうお手上げになってしまいます

ご自分でも気に入ったレジストレーションが組合わせられるように、セットされたものに頼らずに基本的ななレジストレーションを作れるように、今回の講習会がお役に立てられたらと願います。

ご参加くださった受講生のみなさま、ありがとうございました。

COMMENTS

No title

お聞きしたかった・・・残念。
オルガンをやっていてもレジストレーションは難しいです。いろいろな可能性がありますものね。私は苦手です。でも「おお!」という音に出会えたときは嬉しい。

あらかじめセットしてある他人のレジストレーション、
私、先日崩してしまいました(大汗)
急いで謝りの電話を入れました。

Ceciliaさんへ

コメントありがとうございますv-14

> オルガンをやっていてもレジストレーションは難しいです。いろいろな可能性がありますものね。私は苦手です。でも「おお!」という音に出会えたときは嬉しい。

大型のオルガンになればなるほどレギスターの数が増えていってレジストレーションの可能性も大きくなりますね。
オルガンの設置場所によっても響きはずいぶん違ってきますし。

> あらかじめセットしてある他人のレジストレーション、
> 私、先日崩してしまいました(大汗)

わたしの母教会のオルガンもレジストレーションが組み込まれていて、中には「なんじゃこりゃ!?」っていう組み合わせもありました。
自分のをセットするときに無意識に間違えてしまい、ほかの奏楽者から注意されたことがありました。
他人と共有する楽器のレジストレーションは自分で控えを取るべきですし、レジストレーションの記憶の仕方の操作だけは知っておいてほしいですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。