スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速修ペダル専科

速修ペダル専科
ドクター コールマン
《タッチぺダリング》メソッド
(株)パックスビジョンhttp://www.paxallen.com/other/book01/book06.html

オルガンの生徒さんからご紹介いただいた楽譜です。
これはオルガンペダルの練習のための本なのでここに載っている曲のほとんどは練習曲であり、奏楽曲向けではありませんが、最後のあたりに奏楽で弾ける曲が1曲載っています。

この本の対象者は、アマチュアオルガニストで、主として教会などでの奉仕に当たる人々に短時間でペダル技奏法を習得してもらうことを意図したものです。
つまり、教会奏楽者は、普段は職業を持った人であったり主婦や学生であることが多いですが、そういった忙しい人たちに短期間でペダル奏法を習得してもらおうというものです。

予備知識として、ペダル鍵盤の音域、形状について説明があります。
面白いのが、ペダル奏法習得をパソコンのタイピングの習得に例えている点です。パソコンのキーボードにもホームポジションがあり、そこからほかのキーを、相対的な位置関係で覚えていくわけですが、この本でもペダルのホームポジションを設け、そこから右足と左足の動く範囲を広げていく感じです。
手でペダルを触って、足鍵盤を視覚的に、目に焼き付けます。それをここでは視覚表象化と呼んでいますが、鍵盤の並び方を映像として心に描きながら手を動かすのです。
ペダルを見ないで弾くための工夫です。

ページ数が24ページで、薄い本なので、気軽に始められそうな感じがします。

速修ペダル専科
¥1,121

パックスアーレンhttp://www.paxallen.com/other/book01/book06.html

注)http://organistin.blog60.fc2.com/blog-entry-104.html

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。