スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

44のコラール前奏曲

J.S.バッハのお父さんの従兄であったJ.C.(ヨハン・クリストフ)バッハ(1642-1703)の作品集で、礼拝を目的に作曲されました。原楽譜はJohann Christoph Bach、44 Choräle zum Präabulieren、Bärenreiter出版社で、佐々木しのぶ先生が編訳し、パッヘルベルの曲の付録をつけたものです。
タイトルが原語と日本語訳で書かれていてわかりやすく、「年末年始」「開会」「聖餐」「信仰と生活」のように、テーマも書かれてあるので、どのような機会にふさわしいかがわかります。

もともとの編集者のフィッシャーがペダル指示(Ped.)を書き入れましたが必ずしもペダルで弾かないといけないということではなく、手鍵盤に置き換えて弾くことが可能な部分も多いです。
ペダル指示のある箇所は、あまり音の飛ぶことのない箇所やオルゲルプンクト(低音を持続させる長い音)の箇所が多いので、ペダル初心者でもチャレンジしやすい曲集です。

ほとんどの曲が1ページで完結で、長くても1ページ半です。
曲集の最後には曲目解説があり、ペダル指示のある部分でものどう工夫すると手鍵盤で弾けるかなどが書かれています。



44のコラール前奏曲



注)http://organistin.blog60.fc2.com/blog-entry-104.html

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。