スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Themen neu 1

わたしが名古屋在住のスイス人のドイツ語の先生のところにレッスンに通っていたとき、最初に使った本です
先生はその当時すでに名古屋に10年以上住んでいたにもかかわらず日本語は基本的にはできない、という人でした。
旦那さんが日本人でお互いに英語で話をしているそうな☆
ドイツ語初心者にとって日本語で質問できないのは大変でしたが、スイスに住んだら何もかもドイツ語でやっていかないといけない、そのための良い練習だと思って通っていました。
とりあえず最初のレッスンまでに自分でできるところまで勉強してから行きました。

(それにしてもドイツ語の分からない超初心者のわたしに、根気強くドイツ語で解説・会話してくれた先生の忍耐は今でもすごいと思う

最初のレッスンでは先生とちょっと会話をし、わたしがどの程度できて何ができないかを知ってもらい、そしてこの本で勉強します、ってことになって、はじめのいくつかの章は飛ばしたけれど、一応初心者向けの教科書のはず・・・
でもすごいタフな教科書でした

Hueberというドイツの出版社なのですが、問題も解説も全部ドイツ語で、日本にいながらドイツ語付けになれる教科書です。本気の人にはお勧めの教科書です。
あと読み進めていくとふと気づくのですが、ドイツ人の考え方も垣間見えます。
そういう視点で見ていっても面白い教科書です。

 
教科書          問題集


CD


単語帳
わたしが勉強していた時はこんなに便利な単語帳があるとは知らず、知らない単語は全部自分で辞書を引いてしまいました
辞書を引くのはいいことですが、あまりにもわからない単語が多い時には時間ばかりが早くたってしまいます。
バランスよくこういうものを併用するといいと思いました。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。