スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短いオルガン曲集

成田恵子先生編の曲集です。

手鍵盤だけで弾ける、16~18世紀の短いオルガン曲(1曲が2段だけの長さのものから2ページ程度のもの)で、パッヘルベルやクレプスはじめさまざまな作曲家の作品が53曲収められています。
降誕・クリスマス、年末年始、受難・復活、ペンテコステなどの教会暦に応じたものやいつの礼拝でも弾けるものなど、一年を通して使える曲集です。

歴史的奏法もこのような短い曲の中で学んでいけます。

曲によっては、成田先生がつけた、スタッカートなどの記号が書いてありますが、原曲にはそのような記号はありません。
ですから、スタッカートが書いてあるからといってスタッカートで弾くのではなく、歴史的奏法のために、「この音と音をつなげて弾かないで」という意味合いであると受け取ったほうがよいと思います。
オルガンでは鋭いスタッカートで弾いてしまうと、音が短すぎて聞こえなくなる時もありますから、自分の音をよく聞いて判断しましょう。




注)http://organistin.blog60.fc2.com/blog-entry-104.html

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。