スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もよろしくお願いします。

今年もよろしくお願いします。
皆さんにとって良い年になりますように。

あっという間に前回の記事からまた時間がたってしまいましたm(_ _)m
パソコンが古く働くのが遅いので、それを理由になんとなく更新が滞ってしまいました。

わたしは今月は赤ちゃんグッズをミシンでひたすら作っています。
昨年中には長肌着・短肌着・コンビ肌着数着ずつ、ヨダレかけ(今はおしゃれなことにスタイと言うんですね)、オムツカバー、おむつ(さらしを切って縫うだけですが)、スリーパー、ガラガラを作りました。
今年に入ってサッキングパッド、おしっこキャップ(男の子なので)、セレモニードレス、ケープ、布団カバーを作りました。

作ったもののうちいくつかは三冊のソーイング本を見て作りました。

洗礼服はこちらの本を見て作りました。お宮参りのドレスって自分の気に入った既製品は2万円近くして、買うのは無理って思いました。 
自分で作ってみたら五千円以内で作れました。
他に服やスリーパー、ケープなども作りました。
男の子の服の作り方も載っていて助かります。


肌着やおむつカバーはこちらを参考に作りました。
タイトルに「らくらく作れる」と書かれていますが、わたしにとっては肌着の作り方は慣れるまで楽じゃありませんでした。
被服科出身の人にとったら楽々なのかな。
二枚目以降は要領を得て作れましたが。
自分の服しか作ったことがなかったので赤ちゃんの服を初めて作るときに作り方の違いに戸惑いました。
上で紹介した本の肌着は作りやすい反面、布が少し多めに必要です。
こちらの本の肌着の作り方のほうが型紙の置き方を工夫すれば布が少なくて済みます。
その代りバイアステープが必要になってきます。
(わたしは布が余るのが好きじゃないので、肌着はこちらのほうのやり方でしました。)
トレーニングパンツの作り方も載っているので、子どもが成長したら作ろうと思います。


肌着は載っていないのですが、服を作りたいときにいいと思います。
わたしはカバーオールを作りました。
今後レッグウォーマーと外に履いていけるズボンを作ろうと思います。


今までは教会のおばあさんからもらったお古のコンパクトミシンを使っていましたが、先月ついに壊れてしまいました。
なので生まれて初めてミシンを購入しました
JUKIのミシンを買いましたが、フトコロが広く(自分の服を縫いたいから)、薄い生地も(子どもの洗礼服作りでレースを使いたかったから)、厚い生地も縫えることと、縫い幅を調整できることを重視しました。
子どもの持ち物に名前を書くために刺しゅう機能がついたミシンがいいよというアドバイスももらいましたが、ネームタグでもつければいいやと思って、刺しゅう機能はなしでいいやと思いました。

今年も教会での演奏会を計画中です。随時お知らせを載せますのでよろしくお願いします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。