スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼拝出席のススメ

今日はオルガンの生徒が私の所属教会の礼拝に出席してくださいました。
クリスチャンではなくてもオルガンを弾きたいと思っている方が多くいらっしゃいますが、オルガン曲がどうしてもキリスト教に関するものが多く、実際に礼拝に来ていただくとオルガンの役割などをご自身で体験していただけます。
よく、「私は信者ではないのですが、オルガンを聴くために礼拝に参加しても良いでしょうか」と質問される方がいらっしゃいますが、私は「どうぞオルガンのために礼拝に参加してください」とお答えしています。

私自身はキリスト教主義の中学校へ行くまではキリスト教には触れたことがありませんでしたし、オルガンも大学生になってから始めました。
大学を卒業してからスイスの音楽大学でオルガンを勉強することになったのですが、音大を卒業するまで洗礼は受けませんでした。

オルガンを弾くためだけに教会へ行っていたのです。

しかしオルガンを弾くということを続けることは、同時に聖書やキリスト教の勉強をすることと等しいということに気づきました。
賛美歌を伴奏するときには歌詞を見ます。
前奏曲や後奏曲を選ぶときには教会暦を考えます。

私が洗礼へと導かれるようになったのは、音大を卒業後ですが、オルガンとは、キリスト教とは、ということを知らない初心者のうちから、オルガンを習う・弾くからと言って、すぐに「クリスチャンにならないといけない」など、カタいことは考えないことです。

私もまさか自分が信仰を持つなんて、オルガンを始めた時には思ってもみませんでした。
でも神様は、人の想像に及ばない形で、人を洗礼へと導くことがあるのですね。

動機がなんであれ、教会はすべての人に開かれています。
すべての人、それはクリスチャンだけでなく、クリスチャンではない人、オルガンに興味のある人、宗教音楽に興味のある人、すべてを含んでいます。

キリスト教の神様は、キリスト教に興味のある人しか眼中にないなどという、狭い視野の方ではないのです。(笑)
スポンサーサイト

amazon.de

amazon.de


フルートとオルガンの、ある曲のCDを探していましたが、日本のアマゾンや楽天では見つけることができず、ドイツのアマゾンで見つけることができたので、購入しました。

時間かかるし送料が高くつくからいや~ね。

オルガン曲関連の楽譜や音源はやはり日本アマゾンよりドイツアマゾンのほうがたくさん見つけられます。

フルート&オルガン演奏会 in 日本キリスト改革派名古屋教会

日本キリスト改革派名古屋教会で、フルート&オルガン演奏会を行います

日時:2012年9月30日(日)14時~15時(13時30分開場)

場所:日本キリスト改革派名古屋教会
   名古屋市西区浄心本通3-37-1
   Tel.052-531-9768

最寄駅:市バス「秩父通(ちちぶどおり)」または「笠取町(かさとりちょう)」
    地下鉄「浄心(じょうしん)」

お問合せ:konzerthinweise@hotmail.co.jp

曲目
ゲオルク・ フィリップ・テレマン (1681-1767) 「ソナタ」
ガブリエル・フォーレ(1845-1924) 「コンクール小品」「神の子羊」
フランク・マルタン (1890-1974) 「フルートとオルガンのための教会ソナタ」
ジャン・アラン (1911-1940) 「フルートとオルガンのための三つの楽章」


フルート 濱田 博子
4歳よりピアノ、12歳よりフルートを始める。1999年、武蔵野音楽大学卒業。
1998年、アメリカ・サンディエゴにてミューズのフルートオーケストラコンサートに参加。
フルートを佐伯隆夫・茅原初子・西田直孝各氏に、室内楽を播博氏に師事。
大学卒業後、結婚・出産を経て、母親の立場として気軽に聴いて頂けるような演奏活動をしている。広島では『子連れで気軽にコンサート』をピアニストと共に定期的に開催し、ママ目線で活動。名古屋では名古屋笛の会主催のフルートフェスティバルや定期演奏会に参加している。
現在は自宅にて講師をしつつ、ブライダル演奏や日泰寺にてお月見ソロコンサート、サロンコンサートなどの活動をしている。日本フルート協会会員、名古屋笛の会会員。
HP: http://hamada-flute.blush.jp/index.html

オルガン 加藤 千加子
金城学院大学家政学部児童学科在学中、オルガンを横手多佳子氏に師事。スイス・チューリヒ音楽大学教会音楽オルガン科にてルドルフ・シャイデッガ-氏に師事し(03-07年)、Konzertdiplom取得。マリー=クレール・アラン、ギィ・ボヴェ、ルイージ・タリアヴィニ、ルドルフ・ルッツ、ベン・ファン・オーステンのマスタークラスに参加。
2007年チューリヒ聖カタリ―ナ・カトリック教会で主席オルガニストを勤め、帰国。
現在、東海・関西の教会を中心に演奏活動や講習会を続けている。
HP:http://organistin.blog60.fc2.com/

入場無料ですが、今後の演奏会実行のための任意のご寄付をお願い致します

チラシです。クリックして拡大できます。
フルート&オルガンコンサート

皆様のご来場をお待ちしております

東梅田教会ミニコンサート

東梅田教会では毎週月曜日のお昼の時間(12時20分~12時50分)に、オルガンミニコンサートが開かれています。
わたしは7月23日(月)に出演させていただきます。

J.S.バッハとラインベルガーとブルクハルトのファンタジーを演奏させていただきます。

ミニコンサート詳細http://www1.odn.ne.jp/higashiumeda/pipeorganminiconcert.index.html

東梅田教会http://www1.odn.ne.jp/higashiumeda/

日本基督教団 東梅田教会
〒530-0055 大阪市北区野崎町 9番 6号
TEL:06-6311-8894 FAX:06-6314-9130

入場無料です。スイス・フェルスベルクの素敵なオルガンです。
ぜひお越し下さい

東梅田教会のオルガンについてhttp://www1.odn.ne.jp/higashiumeda/pipeorgan.index.html

名古屋マーラー音楽祭 千人交響曲 2012年7月15日16日

ポスター
「クラシック聴くなら マーラーだがね」と名古屋弁で書かれたポスター。

名古屋マーラー音楽祭は2011年から開催されていましたが、
2012年7月15日16日、2日連続でマーラー交響曲8番で締めくくられました。
私はオルガン担当。

私は2011年3月に第2番でご一緒させていただきました。
http://organistin.blog60.fc2.com/blog-entry-100.html参照。)


会場は愛知県芸術劇場大ホールです。
オルガンが設置されているのは、コンサートホールですが、千人の演奏者ですので、大ホールじゃないとできません。
大ホールはオルガンがないので、私のブロックオルガン(http://organistin.blog60.fc2.com/blog-entry-131.html参照)を持っていきました。
スピーカーは複数用意していろんな位置に配置。
どの場所で聞くかによって音の聞こえ方が違うので、リハーサルの時に、客席にいたある人は「オルガンの音がオケに比べて大きすぎます」と言い、客席の別の階にいた他の人は「オルガンの音が小さいです」と言ってました。
迫力を出すために音を大きくすると、どこかで共鳴してビリビリ音がしたりしたので、これ以上の音量は出せない状態でした。
バランスというのは難しいです。

観客の皆さん

両日とも、2000名以上のお客さんがお越しくださいました。
舞台からはお客様一人一人のお顔が見えませんが、客席からも一人一人の顔は見えなかったと思いますし、オルガンがどしょっぱなから音出してるけどどこにオルガンがあったのかも見つけられなかったと思います。


私はシンバルとハープに挟まれた位置にいました。
写真左下の方です。
全員


私の位置から見た指揮者(リハ)
私の位置からは指揮者井上道義先生がこんな感じで見えます。

私の位置から見た合唱隊
私の位置から合唱を見るとこんな感じ。

バンダ
この写真は、演奏会後バンダの皆さんが舞台に降りてきて拍手をもらっているところ。

オケも合唱も、パートごとに色分けされたトレーナーやTシャツを着ています。
青いトレーナーを着ているのがバンダの皆さん。
ひげを生やしている人は「そんし」と呼ばれていますが(笑)、普段は考古学の専門家をやっています。
私はうっかり間違えて「きょうそ」と呼んでしまったことがあります。
そんしのトランペットが華やかに鳴り響いていました。

特殊楽器演奏者たち (女性)
ハープとハルモニウム(リードオルガン)とオルガン担当のわたしは灰色のトレーナー。
黄色の人はマンドリン。
マンドリンらしい色ですね。

打楽器も灰色のトレーナーで、音は目立つのに、オケでの立ち位置が隅っこなので「隅っこ族」と呼ばれ、トレーナーの色もパッとしません(笑)。

トレーナーの絵
マーラーの顔が描いてあるトレーナーです。

花
演奏会後にいただいたお花。

私は7月から練習に参加し、2週間後には本番を迎えたわけですが、合唱やオケは1年以上前から8番の練習に取り掛かって準備していました。
皆さんの意気込みにいつの間にか巻き込まれ、私も毎日8番のことばかり考えて過ごすようになっていました。
たった2週間ご一緒しただけなのに、演奏会が終わってみるとさみしくなってしまった

でも来週の月曜日は大阪の東梅田教会で演奏会なので、気持ちを切り替えて練習しなければ。

井上先生は、2日目の演奏会後、お客さんにマイクで「はっきり言って昨日より良かった」っておっしゃっていましたが、演奏者みんながそれを感じていたと思います。
1日目の反省が活かされて2日目は良くなったのですが、どんなに練習しても、やはりお客様の前で本番を迎えるということが、音楽家の進歩を助けるのだと思います。
2日目のさらに良くなった演奏は、1日目に来てくださったお客様と、2日目のお客様のおかげなのです。
大変貴重な経験をさせていただきました。

この演奏会に携わっていたすべてのみなさまに感謝します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。