スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月戴いたプレゼントたち

今月もたくさんの方々からプレゼントをいただきました。
お気遣い心から感謝です

C.M.さんから。
クロダトーンの電子オルガンをお譲りしたところ、GIOTTOの珍しい栗の入ったお菓子をいただきました。
C.M.さんからのプレゼント

オルガンの生徒M.S.さんから。
M.S.さんからのプレゼント

K教会のオルガンの生徒K.Y.さんから。
素敵なカードが入っていました。「オルガンのレッスンありがとうございます」と書かれていました。
このような言葉は私の励みになります
K.Y.さんからのプレゼント(箱) K.Y.さんからのプレゼント(中)
K.Y.さんからのプレゼント お茶

C教会のオルガンの生徒K.H.さんから。
平等院のしおり。
K.H.さんからのプレゼント
スポンサーサイト

2011年11月13日(日)オルガンの秋「和の笛とパイプオルガン」

本日の演奏会には沢山の方にお越しいただきました。ありがとうございます
バッハを笛と演奏したり、この日のために作曲されたフィービッヒ先生の「Monologe-Dialoge」などを演奏しました。
和楽器とオルガンの作品は増えてきてはいますが、まだまだ多くなく、和の笛も、尺八の作品が多い中、フィービッヒ先生の作品では様々な笛で演奏できました。
今後もご支援お願い致しますm(__)m

トーマス・マイヤー=フィービッヒ先生の「Monologe-Dialoge」で使用した笛たちとそれぞれの笛の説明。
(竹内明彦先生から教えてもらいました↓)

篠笛:8本調子、11本調子、2本調子

8本調子:普通の長唄でも使いますが、頻度はかなり低いです。
      普通は7本くらいまでが、頻繁に使う笛です。でも、篠笛として
      機能する範囲の楽器です。
11本調子:滅多に使いませんが、「鏡獅子」の「笙」に使うことがあり、
      準備している楽器です。
2本調子:プロの演奏家でも余り持っていない、特殊な楽器です。
      音も尺八みたいで、篠笛らしくありません。今回も
      ふさわしい笛が無かったので、作ってもらいました。

バッハのコラールで使用した笛。
6本調子です。頻繁に使う笛で、私は音色や
微妙なピッチ違いで、5~6本持っています。しかし、6本調子のソの音が低いので、今回はその音が一番正常に近い楽器を選びました。

さて↓写真たちは、当日いただいたお菓子たちです
目でも楽しんで戴きます
ありがとうございました。

治一郎のバウムクーヘン
しっとりバウムクーヘン
T先生より。

サンタクロースのチョコレート BROWNIES KEITH
Hさんより。

RUYSDAEL チョコレート
Kさんより。

両口屋是清 千なり
Aさんより。

11月3日(文化の日)

11月3日は何の日でしょう
はい、答えは、わたしの誕生日です

母の出身地、愛媛の新居浜市が市制施行したのもこの日。
明治天皇と手塚治虫と河村たかし名古屋市長とプルシェンコ(フィギュアスケーター)も誕生日だそうです。

日本やスイスの沢山の方からメールで「誕生日おめでとう」と言っていただき、感謝の気持ち以外にも、「あ~みんなすごいなあ」と思ってしまったのです。
何がすごいかというと、私なんぞの誕生日にわざわざメールを打ってくれるってこと自体が(笑)。
人の誕生日にこうやってメールをしてくれる手間をかけてくださるなんて、自分のこと以外の人のことも考えて生きていっているんだなあと。
そう考えると、みなさんの人としてのすばらしさに感動を覚えてしまうのです。

さてこの誕生日に、五反城教会のすばらしいオルガンで練習させていただくことができました。
電子オルガンでも昨今のは素晴らしいものが多いですが、やはりパイプオルガンならではの面白さがあります。
オルガンによって違いますが、ずっと弾いてもなかなかいい音を出してくれないもの(つまりわたしがコツをつかめないもの)や、少し弾くとすっと音を出してくれるもの(つまり私のレベルまでオルガンが合わせてくれてるとも言えます)など、色々です。
そういった個性がパイプオルガンにあるんですね。
五反城教会のオルガンで練習させていただけたのは良い誕生日プレゼントだったと思います。

五反城教会 オルガン鍵盤

そして、わたしがその人には足を向けて寝られないというAさんから、戴いた誕生日プレゼントです
Damel K.u.K. Hofzuckerbaecker WIEN

箱には「Hofzuckerbeacker Wien」って書いてあって、ウィーン御用達の高級なのをくださったんだなあと思いました。
こういうのは自分にはなかなか買わないから、勉強になりますm(__)m

皆さんのおかげで素敵な誕生日を過ごせました。ありがとうございました

Koenigs-Krone

Koenigs-Krone

10月にオルガンの生徒Mさんから戴いたお菓子です。
ケーニヒスクローネから。

こういう缶もかわいいから、絶対捨てられないです
何かに使いたいとおもってとっておきます。

中のお菓子はサクサクしておいしかったです。
一人で食べるのはもったいないから、家族にも食べてもらいました

コーヒー

Dallmayr

10月にオルガンの生徒Iさんから戴いた、ドイツのコーヒー。
カフェインが入っていないようなので、夜でも飲めます。
早速うちのコーヒーメーカーでいただきました
コーヒー好きだからうれしいな
ドイツにお一人で旅行したんだとか。

Iさんはお仕事帰りに練習&レッスンに通われていて、熱心なところをわたしも見習いたいと思わされます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。