スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片道だけのパスポート―スイスの三十六年(松田扶美著)

この本の製作に携わった方と知り合いだったので、その方経由で本をいただきました。2000冊の限定販売だそうで。

松田さんは約35年、スイスで生活をし、退職を機に自伝を書きたいということでこの本ができました。最近スイスに数年住んだだけのわたしからは当時の生活は想像できないですが、スイス人の国民性やドイツ人の物の考え方、人との付き合い方に関しては「うんうん」とうなずけました。
外国に住み始めたときの苦労はいつの時代にも通ずるのかもしれませんが、なんせ松田さんの時代はネットもなく、国際電話代も高く、さぞ不便だったろうと思います。

本にはスイス人のいいところも悪い(?)ところも書いてあって、スイスという独立した、したたかな国を構成する人の考え方を知ることができると思います。これを読めば、なんでスイスがああいう国なのか理解できると思います。

本に登場するスイス人たちの話を読んで、先生と生徒が対等だと改めて思いました。

わたしの経験からチューリヒの音大でおもしろかったことの一つは、先生と学生が「Sie(あなた)」ではなく「du(君)」で呼び合うことでした。
わたしの音楽理論の先生、スキンヘッドで強面だったけど、最初の授業で「おたがいduで呼び合おうね」って言ったとき本当に驚いた思わず「そんな気安くさせていただいてもいいのでしょうか?」って言ってしまいました(笑)。
こういう表面的なことだけでなく、お互い話し合う内容も対等。
わたしが中途半端にしか授業わからなかったときも先生からくらいついてくれたし。(笑)

真面目な本で、気軽には読めないかもしれませんが、スイス人について本気で知りたい人にはお勧めです。





スポンサーサイト

知っておきたい!海外留学の理想と現実(浅井宏純著)

これ、実は自分の留学が終わってから読みました。

英語圏に留学する方を念頭に置いた留学系の本が多いと思いますが、この本は留学全般における態度?について書かれていて、どの国に留学する人にも当てはまる内容です。

自分が4年の留学生活で実感したこと・わかったことがこの本1冊にまとめられていて、先にこれを読んでからスイスに行っていたら、もうちょっと要領よくできたんじゃないかと悔やまれます(笑)。

ところでこの本には親番れ・子離れができていない人の留学の話も載っていますが、それだけ留学が身近になっているということかもしれませんね。




人は0.5秒で選ばれる!(重田みゆき著)

わたしは本(マンガ含む)を読むのが趣味なので、自分が今まで読んだ本の記録を兼ねてブログで紹介していこうと思います。
読書好きな人から見たらわたしの読書量は大したものではありませんが、自分で何を読んだか管理しきれていませんもので

一昨日読み終わった本がこれ → 「人は0.5秒で選ばれる!」(重田みゆき著)です。
最初タイトル見たとき、「なんだかな~」と思ってしまったがとりあえず立ち読み。
今まで自分が漠然と思っていたことが間違っていたということに気づかされた一冊でした。
顔の筋肉を鍛えるっていうエクササイズもあり、最近年を感じ始めているので即購入。

みなさんは自分で自分の印象わかっていますか?わたしははっきり言ってわかりません!
でも印象って、自分が決めるんではなく相手が決めるんだとこの本には書いてあります。
人に与える影響の重要さは特に政治家の世界では認識されているようで、世界の多くの政治家さんはインプレッショントレーニングをしているそうです。
それにしても、一瞬で人から判断されているなんてショック!

これを実践したら、なんかいいこと起こるかな



ネイリスト 野村 維里耶 さん

2010年2月17日(水)
高校1年のとき、同じクラスだった野村維里耶さんと約10年ぶりに会いました
大学も同じ金城学院だったのですが、彼女とわたしは学部が違い、道路を挟んでキャンパスが西と東に分かれてしまったので、学内で会うこともないまま・・・になってしまっていました。

彼女とは最近mixiで再会知っている人には見つけてもらいたいと思ってわかりやす~い名前にしていたので、維里耶さんにはすぐに見つけていただきました

彼女が引っ越す際、授業中に回した私の手紙が大量に見つかり、処分に困っている()ようですが、捨てられないと今でも持っていてくださっているそうな。

そしてついに彼女の家で再会を果たしました

10年ぶりとは思えない再会。今でも高校生で同じクラスって感じがしました。

さっそく手料理をふるまってもらいましたよ彼女は料理が得意です。

いりやちゃん(台所)
維里耶さん、10年前と変わらずかわいい

ロコモコ
ハンバーグから手作りしてくれたロコモコ
彼女は大食いだそうですが、私は彼女の1.5倍あるご飯を平らげたので、驚かれました

ケーキ
ケーキおいしかったね

さて今日のお宅訪問の要、爪のケアです。
実は彼女は現在 ネイリストとして活躍中。わたしも爪さんのケアをしてもらいました。
わたしは楽器を弾いているので長い爪はつけられません
乾燥に弱いので、爪の手入れや手のマッサージをしていただきました
維里耶さんの手、温かくて力強くて、マッサージ気持ちよかったです

道具1 道具2
さすがネイリスト。たくさんの道具をそろえておりまする。しかしこれは彼女の道具のほんの一部です。
部屋には手の模型が隠して置いてあって、ちらりと手だけが見えたときは恐かったです

ネイル2   ネイル1
上は彼女の作品のほんの一部。


いりやちゃん 混ぜる 彼女の笑顔に見とれてしまった・・・

彼女としゃべりながら爪や手をいじってもらってとてもリラックスできました。
心がこもっているって、手を通してもわかるものなんですね

一日付き合ってくれてありがとう 楽しかったよ~。 またネイルケア、お願いします
次は料理も教えてね

NAIL LA VARITE
愛知県内はもちろん、岐阜市・大垣市にも出張ネイルしてくれます
気楽に施術してもらいたい、子供やペットを置いて出かけられない、ネイルサロンに行くのが面倒、などの理由があるときに出張を頼めて便利です
愛知県出張ネイルNAIL LA VERITE サイト http://ameblo.jp/nail-laverite/

新・ベネディクト オルガン内覧会

春の訪れが待ち遠しい今日この頃です。
抜群の音とスタイルで好評のベネディクト・オルガンは、2009年秋に現地ドイツ人社長の引退に伴い全面的な技術移管を受け、日本オルガン株式会社のオリジナルブランドとして再登場の運びとなりました。
本場ドイツの高音質とMade in Japanの高品質を兼ね備えての復活です。内覧会場にてご試弾ください

ホフリヒターオルガンB-224  ブロックオルガン

     ホフリヒター        ブロックオルガン

日時 2010年2月27日(土)13:00~17:00
会場 日本ナザレン教団 「大阪桃谷教会」
   大阪市天王寺区堂ヶ芝2-11-19
   ℡ 06-6771-9358
演奏 上野静江氏13:00 15:00
試弾 自由(13:20~15:00、15:15~17:00)


ご案内  http://organspc.syuriken.jp/nairankai.html


桃谷地図

お問い合わせシンカワピアノセンター http://www16.ocn.ne.jp/~sinkawap/index.html

ほりさん

堀久美子さん ハンドタオル

オルガンの生徒さんの堀久美子さんからいただいたハンドタオル。
昨年クリスマスにいただきました

堀さんはウン十年とオルガンを弾いています。
いつも国際交流センターのお仕事が忙しいのに、昨年の発表会にはバッハの大曲を弾いてくださいました。
「先生~、わたし年だから・・・」と仰いますが、全然そんなことありません
年齢を感じさせないパワーのある女性です。

来年度はイギリスの大学院で勉強するそうですが、その傍らオルガンも弾けるといいですね

2月10日~11日 青年修養会

教団中部教区青年修養会に参加しました。
愛知県江南市すいとぴあ江南で、菊池 実 先生をお迎えして「あなたの名を呼ぶ神」(イザヤ43:1)というテーマでした。

今年度・来年度、地区青年会のメンバーになったわたし。
おかげさまで他の教会の牧師先生方・教会員さんとの出会いが増えました(*^。^*)

洗礼受けてまだ2年。自分の教会のことがちょっとわかり始めたばかりで、他の教会のことを知る機会がありませんでしたが、地区青年会に加えてもらって、他の情報が入ってくるようになったと思います。
今回も、「う~ん・・・一泊二日かぁ・・・」と、躊躇していましたが、参加しました

10日。
午後6時。
翠江亭
10日は受付を済ませたら宿泊施設内のレストラン「翠江亭」で夕食

夕食
おおっすごい量
いえいえ、これでは終わりません! 
この後、鮭とお蕎麦とデザートが来ましたよ

鮭
鮭の身がやわらかい

デザート
いちご

その後早乙女先生の説教による「開会礼拝」。
マタイ1:19の「夫ヨセフは正しい人であったので・・・」から、神にとっての正義について考えさせられる説教でした。

「おはなし①」では菊池先生の話が1時間以上にわたって聞けました。
菊池先生はエルサレム大学院修了。旧約聖書歴史学の専門家です。
旧約聖書って長いし、登場人物多くて、なんかわかりにくい・・・

しかしユダヤ人、ヘブライズムにおける言葉とは、名前を呼ぶこととは、といったことを通して、神との個人的な関係について考えました。

「なぜ人を殺してはならないか?」ということも話に上りました。
「自分が殺されたら嫌だから他の人を殺すのはやめよう」といったことが言われていますが、聖書の世界においては、神が我々を造ったということから、自分の命の主権者は自分ではなく神である、神だけが生命を左右することができるとのことです。
神があなたの名を呼んでいる、つまり、神自身があなたを必要としているということです。

おはなしの後には質問をする時間があり、かなり勉強になった時間でした。

そして解散。しかしこれで、はいさようなら、にはなりません
約10名の男性(内、若者は3名だけ)に囲まれたわたしで、いろいろくだらない()話をしました。
でもなぜか人生について学ばされましたよ
午前2時半に就寝。

部屋はハネムーンのように大きかった。
瀬戸永泉教会の伝道師小椋先生と一日ルームメイトです
小椋先生とのハネムーンもいいかな。
先生はすでに10時半に就寝で、明日の早天礼拝に備えておられました。
見習いたいものです。

11日。
7時ちょっと前に起きて、シャワーしようと計画していました。
しかし小椋先生がお化粧のため、バスルームを占領。
とりあえずシャワーをあきらめ、早天礼拝ぎりぎりまで寝ていようとしました。
7時15分、小椋先生に「奏楽やってね」と言われ、起こされました。
寝たふりして奏楽忘れたことにするわけにはいかず。あたりまえか

早天礼拝の後、「翠江亭」で朝食。

その後、おはなし②へ。
荒野で神に祈り仕えた人々。アブラハム、モーセ、ダビデ、エリヤ、エリシャ、エレミヤ、アモス、イエス、バプテスマのヨハネ、パウロ。

荒野は単に荒れている土地という意味だけではなく、人里離れた場所という意味もあるそうな。
都会で時間に追われて生活する私たちですが、安息日を守って荒野(静かな場所)で神と交わることを忘れていませんか?ってことですね。
MDBR(荒野)という言葉に、DBR(言葉)とDBR(至聖所・神の臨在の場所)という意味が含まれているのはそういうことなんかな?

聖なる神と穢れのわたしたち。その間の溝が深いが、イエス・キリストがいけにえとなってくれた話。
ユダヤ人たちの羊のいけにえの儀式の写真は印象的でした。
血を流した羊のとなりで、罪のけがれが清められたことを喜ぶ人々。
羊をいけにえとし、木にかけ、焼いて食べるサマリア人の写真を見ました。

しかしキリスト教信者においてはイエスがいけにえとなったので、その一回の捧げもので十分のようです。

マルコ5:41ではイエスは死んでいることもの手を取ります。
当時はしたいというのは最もけがれたものでした。死とは、神から最も遠いもの。つまり罪。
それに触れるということはその人もけがれてしまうということで、死体には触れてはいけなかったそうです。
祭司は家族のお葬式にも行けなかったそうな。
でもイエスは死体に触れました。彼だけが死(最大の穢れ、罪)から命を与え清めたんですね。

それにしてもなぜ生贄は羊でないといけなかったのか?
それは羊というのはペットのような、愛されている存在だそうで、その一番惜しい動物、愛するものだからだそうです。
イエスも神の愛する独り子でしたね。

そして木に架けられ(十字架)、焼いて食べられました。(最後の晩餐の「取って食べなさい」と思いだします。)

不思議なことに、羊は殺されるとき、抵抗はしないそうです。豚さんなんかは死ぬのを悟ってぶひぶひ叫ぶそうです。
イエス・キリストも、黙って死んでいきました。

まさしく神の子羊ですね。

イザヤ43:1の「あなたはわたしのもの」Lee Attahにはふたつの意味があるそうです。
①わたしのものだ あなたは
②わたしのためだ あなたは

神のために生きていく、神によって生かされていると解釈できます。

くぎ
イエスを十字架にかけたくぎのレプリカ。左は聖書。
くぎはかなり重かったですこんなの手首や足に打たれたらと想像するとつらいですね

その後は熱田教会の小林牧師のギターによる賛美です♪ ギターがあればどこでも賛美ができていいですね。

昼食
昼食のお弁当

お腹にも頭・心にも栄養の行き届いた修養会でした
感謝

☆歓迎たばお☆

1月17日(日)大阪から来たたばちゃんに会いました

たばちゃんとは昨年からのお付き合いで、知り合った時からなぜか異様に惹かれ合うわたしたち・・・(ポッ
わたしが大阪に行ったときにはのためにで連れまわしてくれます。

今回はたばちゃんが名古屋に来てくれました。
初めての名古屋ということで、ひつまぶしを絶対食べたいと・・・

愛するたばちゃんの喜ぶ顔が見たいと、ひつまぶしのレストランに連れて行かせていただきましたよ

ひつまぶし
ひつまぶし


たばお
初ひつまぶしのたばちゃん
そんなに喜んでくれて、うれしいなあ

昼間はあんなに中華食べたのに、夜もひつまぶし(大盛)を平らげるたばちゃん、でもスリム。
どうなってんの

また遊んでね

☆歓迎かおりさん☆

うひうひ
1月16日(土)は教団生田教会からお越しの末次かおりさんにお会いしました
初名古屋入のかおりさん。

名古屋駅でみそかつ食べました

かおりさんと知り合ってまだ2週間くらいしかたっていませんでしたが、うちの教会のK牧師が幼馴染だとわかって、思わずとばして名古屋まで来られたかおりさん。

K牧師を「光ちゃん」と呼んでいました。40年たっても交流の続く関係、いいですね


みんちょさん
かおりさん。

この笑顔を見たら、初めて会った気がしませんでした!!
初対面なのにいろいろ相談に乗ってもらいました(*^_^*)

ミソカツ
みそかつ。

次の日、かおりさんは熱田教会の礼拝に出席。
その後の求道者会にも出席。「また来てほしい」と参加者から言われるほどの歓迎ぶり

お土産ありがとうございました:-)

また来てくださいね
教会員一同お待ちしております

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。