スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会でのオルガンレッスン

こんにちは

今日は教会でのオルガンレッスンについて

日本では教会の礼拝奏楽者は、オルガンを専門に勉強した方ではなく、ピアニストや、以前ピアノを習ったことがあります、という方が多いですね。中には、教会内で他に誰も弾く人がいなかったから仕方なく・・・という奏楽者もいらっしゃるようです。

一言で礼拝奏楽と言っても、なかなか難しいですね。
私のオルガンの生徒さんの中には、教会で奏楽していますという方が多くいらっしゃいますが、よく聞かれる質問は、

*教会歴に合った曲にはどんなものがありますか
*今度の礼拝説教に合った曲にはどんなものがありますか
*普段の礼拝に使える曲にはどんなものがありますか
*前奏・後奏に使える曲にはどんなものがありますか
*ペダルが難しくない曲にチャレンジしたいのですが曲はありますか
*奏楽ようにどんな楽譜がありますか
*結婚式の奏楽を頼まれましたがどんな曲がありますか

など、多岐にわたります。

私もみなさんがどんなことに興味を持っているのか、どんなことをもっと知りたいのかを聞きたいので、奏楽についての質問・疑問がありましたら教えてください

私もおかげさまで色々な教派の教会でレッスンしてきました。
みなさんの奏楽準備のお手伝いのために、みなさんの教会でグループレッスンもしているので、お問い合わせくださいませ
教会歴ごとに合った曲を学んだり、同じ時代に作曲された曲でも国によって違うということを学んだり、たくさんテーマを設定して学んでいますオルガンは歴史が古いので、たくさ~ん曲がありますよ。(紀元前246年にアレキサンドリアのクテシビオスが水オルガンを発明したのがオルガンの始まりです
どんなふうにレッスンしていくかも、奏楽者と話し合って決めていってます

また、最近は奏楽とは関係なく、パイプオルガンの曲を楽しみたいという方も増えていて、お問い合わせをいただいております
あこがれの曲が弾けるようお手伝いしますので、興味のある方はお問い合わせください

オルガンの特定の曲をテーマにした演奏・講義、キリスト教音楽史、教会音楽を学ぶにあたって役立つ聖書の話などについての講義も開いていきますので、またお知らせします

お問い合わせはメールでお願いします  メールを送る。Mailen.


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。