スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本基督教団 南山教会

コールマーテルさんの記事と、時間関係が前後してすみません

10月31日(金)に、日本基督教団 南山教会(愛知県日進市愛知牧場内)へお邪魔し、小崎さんのポジティブオルガンレッスンを見学させていただきました。

日本基督教団 南山教会  南山教会礼拝堂

         南山教会                      礼拝堂


ガルニエ・ポジティブオルガン

これがガルニエ作のポジティブオルガンです。装飾はエレガントですが、音はかなりしっかりと出ていました。

ガルニエ・ポジティブオルガン手鍵盤   ガルニエ・ポジティブオルガン パイプ 

    手鍵盤はこんな感じ。        中身も見せていただきました。かわいいパイプが びっしり。所狭しと並んでいます。こんなかわいいパイプさんたちがあんなに大きな音を出していて、かなりの底力です。

私もオルガンに触らせてもらいましたが、音がしっかりとしているけれど、決してうるさくはないです。とても心地よい音色・音量です。こんなオルガンがあったら素敵ですね
教会の建物も素敵でした。オルガンの音がうまく響いていました。
まだ南山教会に行ったことがない方は、ぜひ行ってみてオルガンの音を楽しんでください
スポンサーサイト

コールマーテル

時間がたつのは早いですね。ブログをなかなか更新することができず、申し訳ありません

11月19日に大阪高槻市で活動している合唱団「コールマーテル」さんとの練習に参加しました。
練習場所は高槻市の公民館「磐手公民館」。
コールマーテルは1991年に結成され、まもなく結成18年になります。「こひつじ会」というハンガリーのコダーイシステムの教室に子どもを通わせていた母親の有志で始められました。「アカペラを中心にクリスタルな響き(?)を目指して活動しています。実際クリスタルな響きをしているかどうかは?ですが…。」と、合唱団の一人の方は謙遜しておっしゃっています。

現在は北村敏則先生のもとで練習を続けています。先生はソロの歌手としても活躍されていて、練習中も素敵な声を惜しみなく披露していました やっぱり歌手の先生の指導はいいですよね。声にうっとり。

今回はシンカワピアノセンター(日本オルガン株式会社関西地区特約店)の新川寛さんからドイツ・ホフリヒターのオルガンをお借りしました。手鍵盤にバロック系とロマン系のストップが選べるようになっています。一台のオルガンなのに、バッハにはバロック系、ラインベルガーにはロマン系って選べるようになっているんです。音もとっても素敵でした。

B-224

コールマーテルさんは今まで主にアカペラでやってこられて、今回は初の試みとしてオルガンの伴奏でラインベルガーにチャレンジです。
新川さんからお借りしたオルガンに興味津々。「どのボタンを押すとどんな音が出るのかな~~~」って、恐る恐る触っていました。音が出たら「きゃあっ」って喜んでいました。

オルガンに群がるコールマーテルのみなさん

演奏会は2009年6月6日、高槻現代劇場中ホールです。(入場1000円)

Chor Mater 5th Concert

19日はメンバーの人たちとは初対面だったのに、「初」な感じがしませんでした。
みなさんがとってもフレンドリーなので、アットホームな感じで練習に参加できました。
ありがとうございました

 コールマーテル

11月3日の誕生日

11月3日の日は文化の日。
私の誕生日もこの日です。友達・知人からメール・カードやプレゼントをいただきました。
誕生日を覚えていてくれてありがとう

ちなみに写真の左に写っている男性ですが、スイスで知り合ったクロードさんです。
クロードさんは自分でオルガンを作ったり(かわいいオルガンです)、録音技師、写真家として活躍しています。オルガニストのギィ・ボヴェさんのCDもクロードさんが録音してたりします。
クロードさんには夏にボートに乗せていただいたこともあり、とてもお世話になりました。
彼も11月3日がお誕生日です。おめでとうございます

Claude und Karin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。