スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台教会(日本キリスト改革派)

日本キリスト改革派仙台教会の礼拝に出席しました。
パイプオルガンのある教会です。

仙台教会HPhttp://www.kaikakuha-sendai.sakura.ne.jp/

<住所> 〒984-0061仙台市若林区南鍛冶町111
<電話>   022-225-0597
<代理牧師> 首藤 正治 牧師

オルガン(正面)
オルガン(横)
オルガン(パイプ)
オルガン(ペダル)
スポンサーサイト

日本キリスト改革派名古屋教会

私が所属している、日本キリスト改革派名古屋教会のご紹介です。

礼拝時間
朝の礼拝: 毎日曜日 10:30~12:00
午後の礼拝:毎日曜日 15:00~16:00
夜の礼拝: 毎日曜日 19:00~ 20:00

朝の礼拝は必ず行っておりますが、午後の礼拝や夜の礼拝は、
教会の行事の関係で、行っているときとそうでないときがあります。
初めて午後の礼拝や夜の礼拝に参加を予定している方は、事前に教会にお電話でお問い合わせください。
また、それぞれの礼拝の終了時間は、多少前後することがあります。

日曜学校:毎日曜日 9:30~10:00
日曜学校は、子どものための礼拝です。
お子さまだけの参加もできますし、親御様と一緒の参加もできます。

祈祷会・聖書の学び:毎水曜日 19:30~ 20:30
            毎木曜日 10:30~11:30
聖書を読んで学び、お祈りをします。
少人数で行っています。

〒451-0073
名古屋市西区浄心本通り 3-37-1
日本キリスト改革派 名古屋教会
牧師 木 下 裕 也
TEL (052)-531-9768
FAX (052)-523-4360

地下鉄「浄心」駅下車6番出口より北へ徒歩10分
秩父通りの交差点の近くです。ドコモショップのある路地に入ったところです。

教会に駐車場はありますが、建物から少し離れていて説明が複雑になってしまうので、ここでは書きません。
教会に直接お問い合わせください。

日本キリスト改革派名古屋教会HP
http://sky.geocities.jp/nagoyakyokai/

キリスト教のプロテスタントにはいろいろな教派(宗派)があります。
ルター派(ルーテル)、改革派、メソジストなど・・・
ここに紹介している名古屋教会は、改革派です。
Wikipediaには「日本キリスト改革派」や「改革派教会」で、詳しい情報があります。

初めて礼拝に行きたいな・・・
と思っておられる方へ

多くのプロテスタント教会がそうであるように、名古屋教会でも、初めて来られた方には受付でお名前やご住所を伺います。
得られました個人情報は、今後の集会案内をお送りするときに使用しますが、
案内を送ってほしくない場合には、その旨を受付でお伝えいただければと思いますのでご安心ください。

初めて来られた方・久しぶりに来られた方は、礼拝の後に牧師がお名前を読み上げてご紹介することになっていますが、「そっと来て、そっと帰りたい」ということで、紹介してほしくないという場合は受付でおっしゃってください。

礼拝中に献金の時間があります。
献金というのは、任意の金額のお金を教会に寄付することで、それを「献金」と言っています。
お金は、私たちが生きていくために神様から頂いたもの…という考え方をしていますので、その中から神様のご用の為に教会に寄付をするということなのです。
「神様のご用の為に」というのは、漠然とした表現ですが、おもに、教会運営、伝道、福祉施設や神学校への寄付などに使わせていただきます。
任意の額の献金ですので、小さな金額でも結構です。その人その人が献金の金額を決めて良いのです。
また、自分がいくら献金したのかは、他人にはわからないようになっていますのでご安心ください。
(全員が一つの献金のカゴに入れるからです。)

礼拝では、聖書、讃美歌、詩編歌集、他など、複数の本を使いますが、すべて受付でお貸しします。
礼拝が終わってから受付でお返しください。
もし、キリスト教主義学校に通っていたなどの理由でご自分の聖書をお持ちの場合は、その使い慣れた聖書をお持ちいただいても結構です。

「週報」と呼ばれるプログラムの紙を受付でお渡ししますので、礼拝の流れを確認できます。

第1日曜日には、「聖餐式」と呼ばれる式を行います。
これは洗礼を受けた人(クリスチャン)だけが、パンとブドウ液をもらう式ですので、
洗礼を受けていない人は、パンとブドウ液をもらうことはできません。
そのため、クリスチャンではない方の中には少し疎外感を感じられる方もいらっしゃいますが、
キリスト教においてとても大事な式ですので、どんな風に行われているか、ぜひご覧ください。

礼拝では「説教」と呼ばれる、牧師のお話の時間があります。
「説教」というと、何か悪いことをして叱られた感じがあるかもしれませんが、
その日の礼拝で読まれた聖書箇所の解説のようなものです。
名古屋教会では説教は20分~30分程度ですが、初めて来られた方にとって内容が難しく感じられることがあります。
内容がわからなくても大丈夫ですので、とりあえずそのお時間、説教をお聴きください。
内容についてわからなかったという部分があれば、礼拝の後に牧師に質問してくださっても構いません。

名古屋教会にはエレベーターがあります。

名古屋教会の礼拝堂は、建物入口を入ってすぐ右の階段を上った、二階にあります。

礼拝は70分~90分程度です。
(聖餐式のある礼拝では90分くらいになります。)
そのあと、「報告の時間」があり、初めて来られた方・久しぶりに来られた方の紹介や、教会内の事務的な連絡をします。
長丁場に感じられるかもしれませんが、「聖餐式」を行っているとき以外には、おトイレに立っていただいても結構ですので、我慢をしないようにしてください。
夏・冬には、冷房暖房が作動していますが、個人によって暑い・寒いがあると思いますので、
羽織れる物やひざ掛けをお持ちいただくと便利です。

礼拝開始時間に遅れてしまった場合でも、教会入り口のドアの鍵は開いておりますので、どうぞお入りください。
礼拝の途中からでもご参加ください。
礼拝開始後は、受付に人がいない場合がありますので、礼拝堂入口近くに置いてある聖書や讃美歌集を取って、礼拝堂にお入りください。
どこに聖書や讃美歌集があるかわからない場合は、礼拝堂入り口近くの人に聞いてもらっても大丈夫です。

教会では、「教会用語」(独特な言い回しや単語)を使う時があります。
長く教会に行っていると、そうした言葉に慣れてしまって、初めて来られた方には難解な言葉を使ってしまっていても気づかず、疎外感を与えてしまっていることがあります。
そんな時は、どうぞ温かく受け止めていただけますと助かります(*^。^*)
わからない言葉はその場でメモして、礼拝後の自由時間に近くにいる教会員や牧師に質問してください。

礼拝に来たらすぐに洗礼をうけるよう迫られることはありません。
初めて来られる方が教会に来る理由は様々です。

教会音楽を聴きたい、
キリスト教主義学校に行っていて、聖書の授業の為にレポートを書かなければならない、
キリスト教のことを知りたい、
礼拝というものを体験してみたい、
悩みがあって牧師に相談したい、
などなど。

今来ている教会の信者も、教会に来てすぐに洗礼を受けたわけではありません。
親がクリスチャンだった場合は、子どものころに幼児洗礼というのを受けて、生まれてすぐにクリスチャンになった人もいますが、
何度も何度も教会に来ているうちに洗礼を受けたいという気持ちになってクリスチャンになった人もいます。

家族の中で自分だけがクリスチャンという人もいます。
配偶者がクリスチャンになったのをきっかけに、その配偶者もクリスチャンになったというパターンもあります。

一回来ただけでその教会のすべてを決めるのは難しいかなと思いますので、
はじめは馴染めなくても何度もお越しいただけたらと思います。
中には、クリスチャンではないけれども、コンサートや講演会などのイベントの時だけ来るという人もいます。

信者でない人も教会では熱烈歓迎ですので、安心してお越しください。

神戸ユニオンチャーチ オルガン

神戸ユニオンチャーチのオルガンに触ってきました。

神戸ユニオンチャーチ http://kobeunionchurch.com/260852641235486.html

この教会ではドイツ語の勉強クラスも開かれているそうです。
http://www.evkobe.org/

神戸ユニオンチャーチ オルガン
聖壇にドーンと鎮座するオルガン(ドイツ・ボッシュ社製)

神戸ユニオンチャーチ コンソール      神戸ユニオンチャーチ オルガンストップ
コンソール               ストップがこれだけあると、たくさんの曲が
日本にある一般的なオルガンよりも    弾けます。
鍵盤は重めかもしれませんが、
ヨーロッパではもっと重い鍵盤も多々あります。
(私がオルガニストをしていた
聖カタリーナ教会のマティスオルガン
は、腱鞘炎になるんじゃないかと
思うくらい鍵盤が重かったし、
チューリヒの大聖堂のオルガンも、
鍵盤を連結させると殺人的に重たかったです。)


最後になりましたが、オルガンを弾かせてくださったA.A.さん、ありがとうございました

改革派 神港教会オルガン

神戸六甲にある、改革派神港教会のオルガンを弾く機会が与えられました。
ミーントーンで調律され、分割鍵盤のある、素晴しい響きのオルガンです。

神港教会 http://shinkou-kyoukai.org/

神港教会 オルガン     神港教会 オルガンコンソール
オルガンは二階回廊にあるので、 コンソール
全体像を見るには一階からです。  

通常、Hauptwerk(主鍵盤)はI鍵盤の方ですが、このオルガンではII鍵盤の方がHauptwerkになっています。

神港教会 オルガン分割鍵盤     神港教会 オルガン分割ペダル
Es-durの和音を弾いたり、   ペダルも分割鍵盤になっています。
 E-durの和音を弾いたりすると、
違いがわかります。

神港教会 オルガンストップ      神港教会 オルガン鍵盤 装飾
オルガンストップ       鍵盤に美しい装飾があるとなんかうれしくなってしまう。

神港教会 オルガンポジティフ
演奏者の後ろに設置されてあるポジティフオルガン
I鍵盤で弾きます。

リードオルガン購入したい方

時々質問を受けるのですが、リードオルガンはどこで買えますか?です。
現在日本では新しいリードオルガンは作っていないので、イタリアのデルマルコで新しいものを購入できますが、(http://www.delmarco-org.jp/)かなり値段が高いので、中古でも良いという方は、シンカワピアノセンターで不定期に中古リードオルガン情報があります。
http://www16.ocn.ne.jp/~sinkawap/okaidoku.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。