読書記録 2017年10月

わたしが住んでいる名古屋市の市立図書館は、各区にありまして、自分が住んでいる区の図書館に目当ての本が無くても、他の区の図書館にあれば、取り寄せて、自分の区の図書館で受け取れるシステムがあります。
そのためにはアカウントの取得が必要ですが、とても便利でよく使っております。
アマゾンでわざわざ本を買わなくても、申し込んで待っていれば良いんです。
興味をそそる本がたくさんあって、わざわざ買っているとお金も保管場所も間に合わないから、図書館は助かります!

今月読んだ本は、図書館で借りた本です。

「わたしのウチには、なんにもない」シリーズです。
捨て変態を自称するゆるりまいさん(なんにもないぶろぐ)のお家のお写真を見て度肝を抜かれる人が多いと思いますが、どのような理由で捨て変態になったのか、よくわかりました。やっぱ、家が汚いと、友達呼べないよねー・・・「うち寄ってく?」って気軽に言える家にしたいよね。震災でモノに殺されそうになったってところ、今私の家(夫の実家に住んでいます)も想像つきます。
背の高い食器棚にパンパンに詰められた食器。よくある程度の地震、または自分に気づかない程度の揺れで、積み重ねられたカップが棚の中で雪崩を起こす。これに関しては食器をたくさん処分しました。(必要な人のところへ譲りました。)
食器棚までは家の事情で処分は難しいですが、数年後、処分できるときが必ず来るので、その際は腰くらいまでの高さの棚に変えるつもりです。
ゆるりさんは物欲がすごくて、特にバッグや靴には目が無いそうです。わたしも物欲がすごいから、ゆるりさんが物を買う時に気を付けること、物欲とどのように付き合っているか、参考になりました。
4巻の遺品整理では、物が捨てられない、上の世代とどう付き合っていったのか、参考になりました。
マンガだから読みやすくて、わたしも集中してあっという間に読み終わりました。

 
  

「服を買うなら、捨てなさい」
行く場所を想定して、それに合わせた服をそろえているはずなんだけど、数は十分あるはずなのに実際に着る段階になると「この服はちょっとなあ・・・」って、結局着ない、着ていく服が無いと思う、って、女性には経験あるのでは。
どんな服を捨てたらいいか、十分な服の数の枚数、服を買う時に考えること、試着のチェックポイントを参考にして、もう一度クローゼットを見直し、要らない服をリサイクルに回すことができましたし、場所が空いた分、捨てた服をずいぶん下回る数の素敵だなと思える服を買いました。要らない服を捨てたから、良い物が入ってきます。


「ぼくたちに、もうモノは必要ない」
著者の佐々木典士さんは、今さら紹介する必要のないくらい有名ですね。メディアにも何度も登場しています。
この方の部屋も度肝抜かれますね。こういう部屋なら掃除がすごく楽そうです。生活にお金もかからないってのがよくわかります。
おかしな会社で自分をすり減らしながら働くくらいなら、収入が減っても自分を大切にしながら生活できるくらいの仕事で良いんじゃないかなって思います。
捨てるための具体的な指針が55個、さらに捨てるための15のリスト、物を捨てて変わる12のこと、モノを捨てるための後押しになります。


「服を減らせば、おしゃれになる」
ミニマリスト日和のおふみさんの本です。
ブログの方はファッション以外にも話題が豊富で参考にしていますが、この本に関して言うと、わたしにはあまり参考にならなかったです。
彼女は私よりも10歳近く年下なので、彼女のファッションは私には若すぎるんです。30前の人が着る服やバッグの紹介ですから、わたしみたいなのがこういう恰好しちゃうとイタイおばはんになっちゃうと思います。
本のイラストを見て思いましたが、この服装は「おしゃれ」ではないかな・・・ってのが正直な感想です。
すごくカジュアルで、若いからこういうのを着ても似合うと言う感じ。
地曳いく子さんの↑「服を買うなら、捨てなさい」の方が、わたしにはわかりやすかったし参考になる部分が多かったと思います。


「最小限主義」
「ぼくたちに、もうモノは必要ない」著者の佐々木典士さんと共同でブログを開いている方の本です。
内容としては、筆者の沼畑さんがどういうところでミニマリズムを感じるかというエッセイなので、物を捨てる技術のハウツーを求めている人には全く違うかなという本です。
小さい話題が取り留めなくつづられている感じで、途中で「こんな感じで最後まで続くのかな」と心配になってきました。
でも読み始めた本を途中で放棄したくないので最後まで読みましたが、やはり最後までこんな感じでした。
とりとめのない話題、筆者が仕事で滞在したクロアチア(+他のヨーロッパの国や地域)の、似たような話が少しずつ形を変えながら何度も登場するだけなので、読んでいるうちに「なにもない」という拷問を受けている気持になってきます・・・。(それが筆者の狙いかも!?)
言いたいことは何となく伝わるけどすごく説得力があるわけでもないし、共感するところもあるけど共感しないところが多く、読み終わってから何が書いてあったかと言われると具体的に思い出すのが難しい、(わたしにとっては)そんな本でした。


「少ない物ですっきり暮らす」
やまぐちせいこさんは子ども二人いて、すっきりした生活を送ってらっしゃいます。
主婦の立場でシンプルな生活を送るには、という点で参考になりました。
彼女は無印の商品を使っていますが、ミニマリストやシンプルライフを送る方には無印愛用者が多いですね。
食器が白ばっかりで私にはちょっと違和感ありますし(レストランで白い食器は良いけれど)、思春期を迎えようとする子ども二人が個人の部屋を与えられていないのはどうなのかなと思いますが、「よそ様の考え方だから」と思って割り切って読めば良いです。
「服を減らせば・・・」のおふみさんもそうですが、会社に行って仕事するわけではない女性はボーダーの服を着る率が高いような気がするのは気のせいかな?
無印は確かにシンプルで素敵な商品が多いと思いますが、ミニマリズムを目指す無印愛用者は見た目の個性、持ち物の個性がなくなっているような気がします。
でも人の目を気にしなくなるというのはミニマリストの特徴の一つらしいので、それはそれでいいのかもしれません。
結局は自分と合うか合わないか、ということですね。

本はなるべく買わないようにしています・・・

断捨離しているうちに「捨てたい病」ってのが発祥することがあるそうです。
昨年はたくさんの物を処分しました。特に食器棚は食器の数を減らして割とすっきりしたのですが(お正月に来られた方から「台所全体がすっきりしたね」って言われました)、この現状に慣れてくると、もっともっと物を減らせるんじゃないかと思うようになりました。
でもまだまだこんなに物をため込んだままにしているので、わたしが捨てたい病にかかっているとは思えません。

昨年、物を減らした時は、「これからおつきあいしていく食器ばかりが残ったわけだから、もう捨てられない」なんて思っていましたが、その後数か月たっても一切使わなかった食器、今後も使わなさそうな食器がだんだんわかってきました。
でもそれらはノリタケなどのブランド品。物を減らすのに「これ高かったから」「ブランド物だから」という考えが頭をよぎり、なかなか処分に踏み込めないのも事実です。
買うときに高かったものでも、売るときにはすごく安くて、でもリサイクルショップで食器を買う時にはそれなりの値段がしてて、もったいない、と思う気持ちになってしまいます。
一番良いのは、新婚の友達ががっつり持っていってくれてしっかり使ってくれることかなと思いますが、新婚の友達はいない。

うちに場所はあるので、とりあえず段ボールに入れて押し入れに保管し、その食器たちが無い状態で困らないかどうかを知ってから処分を考えてみようと思います。

さてタイトルの「本は・・・」に関してですが、以前から電子書籍に興味がありました。
紙の本はその質感が好きですが、音楽やキリスト教関連の本(大事なところには線を引きながら読みたい)、子どもの仕掛け絵本・普通の絵本でなければ必ずしも紙にこだわらなくてもいいかなと思います。
普段図書館を利用しています。わたしが借りるような本は、じっくり考えながら読むというよりは、さ~~っと読めるジャンルですので、それらのジャンルの中で、一生持ち続けておきたいような本はほとんどありません。
料理の本で、材料が普通のスーパーですぐ手に入り、盛り付けられた料理の写真を見ているだけで楽しくなるような本は買いますけど。
マクロビオティックみたいなのは、普通のスーパーでは手に入りにくそうな材料が使ってあったり、手が込んでて普段作りたいと思うようなものは少ないので、まねしたい料理だけコピーしてます。
本を見るのが好きだから、買うとすれば本がすぐに増えてしまいそう。
そこで電子書籍なら場所を取らないから良いね、と思っていました。小さい子どもが複数いて、すぐに図書館行けるわけじゃないしね・・・。図書館行くためだけに車を運転するのはエコじゃないし・・・。紙の本ならいつか処分を考えないといけないけど、電子書籍ならいくら持ってても邪魔にならないしね・・・。

アマゾンのKindleはパソコンでも見られるので、専用のタブレットを購入する必要はありません(専用のタブレットを購入しないといけないものだと思っていたけれど、そうではないということを最近になって知りました)。
とりあえずKindleを無料ダウンロードしました。
前から「読みたいけど、名古屋市のどの図書館でも貸し出し中の本」を電子書籍として買うことが一瞬頭をよぎり、無料お試し版を¥0で購入しました。お試し版なので全部のページを読むことはできません。
数ページだけなのですっかり読み終わり、いよいよ先を読みたくなりましたが、値段を見てみると、普通の紙の本と値段が変わらないことを知りました。
私の勝手な思い込みですが、紙の本と違って、紙代、印刷代、輸送費、これらにかかる人件費がかからない分、半額か三分の二くらいの値段で電子書籍が買えるんだろうと思っていましたが、すべての電子書籍がそうであるということではないのですね。
私がほしい本は金額がそれなりにするので、結局は買わないことにしました。
電子書籍はクリック一つで購入できる気軽さから、あっという間にお金を使ってしまいそうです。
危険ですね。
やっぱりできるだけ図書館を利用しようと思いました。
貸し出し中の本は予約をして、気長に待つことにします。

断捨離記録 まとめ

この家の断捨離はプチ断捨離も含めると数えられないくらいやってきましたが、大きい断捨離は二回と言えます。
大きい断捨離はそれぞれ数か月にわたりました。

一回目はこの家のお年寄りが亡くなった時の遺品整理。
二回目は、「自分の子ども」「大きな地震が来た時に物につぶされたくない&経路をふさがれたくない」「普段の生活のしやすさ」が理由でした。

一回目はごみ分別に従ってただひたすら捨てていけばよかったのですが、二回目は壊れて使えなくなったようなごみとは違う物も手放していかなければならなかったので、捨てる以外のこともしました。
断捨離するときには、使えるか使えないかで決めずに、「○年使っていなければゴミに出す」とすれば断捨離が進みますが、本来はまだ使える物を捨てるのは良心を咎めてしまうことがあります。
今後もまだ断捨離をする機会が確実にある家なので、今後の自分の覚書も兼ねて、利用した施設・リサイクルショップをまとめて書いておきたいと思います。

破砕工場(名古屋市の場合)
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/5-6-26-0-0-0-0-0-0-0.html
粗大ごみを自分で持っていく場所です。
名古屋市の場合は粗大ごみは月一回、一週間前までに申し込んで、言われた金額のチケットをコンビニで買って、収集日当日家の前に出しておくという方法がとられますが、断捨離の場合にはそれでは全く間に合わなかったり、一つ一つ何百円の処理費用を払っていくうちに、結構多額になることがありますので、車を持っている場合、時間がある場合、一か月粗大ごみを家に置き続ける余裕がないくらい次々と粗大ごみがある場合は自分で持って行ったほうが安いし早いです。

NPO法人中部リサイクル運動市民の会
http://www.es-net.jp/
各区の指定の場所で、決まった日時にリユースできそうな本、衣類、食器、キッチン用品を集めています。
ほかにはリサイクル資源(新聞、チラシ、段ボール、古着など)も集めています。
名古屋市では新聞紙や段ボールは月一回の収集なので、さっさと捨てたいときには利用するのをお勧めします。
使える物をリユースしてくれるので、まだ使えるのに捨てるのは心が痛む、という場合には利用すると良いです。

出張買取してくれる「福ちゃん」
http://www.fuku-chan.info/
私の場合は、私の思い込みもあったかもしれませんが、HPでは「金額が高くなくても、とりあえずなんでも買い取ってくれるor引き取ってくれる」印象を持ちましたが、実際は「和食器は売れないので引き取りません、洋食器のブランドなら持っていきます」と言われ、数点持って行ってくれただけでした。
ブランドバッグも、高島屋に入っているようなブランドでも、若い子に人気のあるブランドじゃないと買い取れないといわれ、新品同様であっても持って行ってくれないブランドがありました。

出張買取してくれる「エコリング」
http://www.eco-ring.com/
福ちゃんで持っていってくれなかった食器はエコリングがすべて引き取ってくれて、しかもお金までおいて行ってくれて(買取までしてくれて)、涙がちょちょぎれました。量が多かったし、重たかったので、持って行ってくれるだけでも御の字と思っていました。
大量の食器がある場合は、NPO法人中部リサイクル運動市民の会に持っていくよりも、エコリングのほうが楽です。

ブックマニア
http://www.bookmania.jp/
大学時代に使った教科書に線が引いてあっても買い取ってくれます。
洋書やDVDも送りました。
送料無料で、佐川急便が取りに来てくれるのを家で待っていればいいので楽でした。
後日査定金額がメールで来て、銀行に振り込まれるので、すべてのやり取りが電話やメールで済み、楽でした。
二度目に利用した時には状態の良い衣類やバッグも、本やDVDと一緒送りました。

えこぽけっと(北名古屋市)
http://www.sknet2020.com/onegai.html
HPが何年も更新されていないので、まだやっているかどうか不安に駆られましたが、やっていました。
使いかけの物さえ引き取ってくれるということで、使いかけの大量のレターセット、新品の鉛筆など、大きい段ボール一箱分持っていきました。
郵送でも受け付けていますが、↑に書いたように、まだやっているか不安だったので自分で車に乗せて持っていきました。
郵送での受付の住所と、持ち込み場所の住所は違うので注意してください。
ところで、えこぽけっとと同じ東西の道をまっすぐ西に行ったところに、「桃の館http://www.momonoyakata.co.jp/・食のアウトレットモール北名古屋」があります。ついでに寄ってみてください。

イオンの古紙回収
http://www.kppc.co.jp/ja/news/news4230599409563809325/main/0/link/20150827.pdf#search=%27%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3+%E5%8F%A4%E7%B4%99%E5%9B%9E%E5%8F%8E%27
古紙回収が実施されているイオンに持ち込むとWAONポイントがたまるシステムです。(段ボールは持ち込めません。)
名古屋市では月一回だけ古紙回収がありますが、イオンでは毎日回収してもらえるので、断捨離には都合が良いです。
断捨離中に捨てる雑誌がたくさん出てきたので、買い物ついでに持っていきました。

古着deワクチン
古着を送ることによってワクチンを寄付できる仕組みです。
「赤すぐ」で伝票と、必要であれば段ボールも購入します。
段ボールは大きなものがうちにあったので伝票だけを買いました。これは何度も利用しました。
佐川急便が集荷に来てくれますので、出かけられない人にはとっても便利です。
赤すぐで千円分の買い物できるクーポンが発行されます。

二回目の断捨離のざっくりした感想
食器の断捨離で思いましたが、まだ使えるものが多かったとはいえ、食器はありすぎると何かと不便ですし、時には危険です。うちは大きな食器棚の奥と手前に食器がおいてあり、奥の物は手前の物を出さないと取れないし、手前の食器を取るにしても、手がほかの食器を触って落ちてくることがありました。(ちなみにほとんどの食器はこの家にもともとあったもので、私の趣味で買ったものは少ないです。)
また、重ねられた湯呑やコーヒーカップがいつのまにか手前に倒れていて、棚の扉を開けたら落ちてくるのは確実な状態が数回ありました。大きな地震がなくてもこんなことが起こってしまいました。
子どもがいると特にそういう事態に敏感になりますので、食器はたくさん持つ必要はありません。
食器を減らしたメリットは、今まで使いたくても使えなかった、お客様用に奥にしまってあった素敵な食器を普段用に使えることです。
バカみたいな話ですが、今まではお客様用の食器が奥にあったため、お客さんが来ても奥にある食器が取り出せませんでした。
今はお客さんにも自分の家族にも素敵な食器を使ってもらえるようになりました。
二回目の断捨離はこの家にもともとあったものだけでなく、自分の持ち物も処分しました。以前は捨てられなかったものも、時がたつとどうってことない物に思えて、捨てられました。断捨離はある場所を一度見ていらない物を処分したら終わりではなく、定期的に見ていくと、以前捨てられなかったものを捨てることができます。
物を捨てることによって、自分がいかに物を持っていたかを知りました。
自分はすでに物をたくさん持っているとよくわかりましたので、買い物をするときには、、買ったらどこに置くのかや、捨てる時の手間まで考えて慎重になることができます。
今まで物を買いすぎて、大黒柱の夫には申し訳ない気持ちがいっぱいになりました。
このことと関連して、昔の人は物をため込みすぎだと思いました。昔は親せきなど、人が多く集まった家であったとしても、当時でさえここまでたくさんの食器は必要なかったと思います。
お年寄りは割と「自分が死んだら子どもが物を片付けてくれたらいいや」みたいなことを言いますが、これははっきりいって迷惑です。
子どもが働きながら週末実家の片づけをするとかいうこともありますが、ごみ分別が細かい中で、これがどんなに大変かわかっていないのです。
空き箱、空き缶まで「いつか使えるかも」と取っておく人もいますが、さっさと捨てましょう。
紙袋は底が広いものが10枚残して、それ以外は処分しましょう。
紙袋が必要な枚数は人によって違いますが、私は底の広い袋がいろいろな場面で使えて便利だと思います。
今後の断捨離の時に、物を仕分けするときに使えますし、入院するときにも使い捨てできます。置き場所がなくて床に置いても、後で捨てるだけです。
食材や消耗品でさえ、必要なものかどうか考えて買うことができるようになりました。
この夏は、試供品のシャンプー・リンス・化粧水・化粧品、買い置きされた洗顔料、ボディソープ、ホテルから持ち帰った歯ブラシ・石鹸を使っています。断捨離ではこういうものも捨てると、一気に片付くので良いとされますが、私は使えるものは捨てられないので使っています。
断捨離がゆっくりになりますが、試供品を強制的に使うことによって、買ってまでは試さないような商品を使って、世の中の商品の豊富さを知って面白かったです。
自分がコントロールできる物の量は、思っていた以上にずっと少ないということを知りました。
おもちゃも減らせば、子どもに片づけさせるのも楽ですし、すぐ片付けられるのでおもちゃがちらかっても精神的に楽です。
断捨離を数か月続けていると、停滞期が来ます。
私は部屋のビフォーの写真を撮っていないので、もともとどのくらい物があったのか、記憶で何となくしか思い出せません。
そのため、毎日少しずつやっていても、あまり進んでいないかのような無力感を持ってしまいました。
特にもともと自分の物ではなかった物を大量に処分しないといけないことが続くと、怒りがこみあげてくることもあります。
そう思ってしまうほど物が多かったとも言えます。
もしこれから断捨離しようとする人がいれば、ビフォーの写真を撮ったり、できれば短い期間で済ませるように頑張ったほうがいいと思います。
収納家具やケースは基本的には買わない。
収納場所が増えると、物を減らすことを忘れてしまうので物を捨てられなくなります。もし買うなら、断捨離をしたあとです。
ですが一番いいのは収納場所を増やさないことです。

食器を売るのは大変です。

断捨離の大きな壁の一つが食器。

使っていない食器、今後も使う予定のない食器をリユースhttp://www.es-net.jp/index.htmlにもっていくこともできますが、結構な数があるので少しでも減らしてから持っていきたいなと思い、出張買取の業者に見てもらうことになりました。

その結果は・・・

う~ん・・・

業界ナンバーワンみたいな触れ込みだったり、ミニマリストたちがどうやって食器を処分したかのブログを見てここに決たんですが、HPに書いてあることをそのまま鵜呑みにできないなら、何を信じていいのかなと思ってしまいました。

福ちゃんhttp://www.fuku-chan.info/

HPには和食器もいいっていうことだからお願いしたけれど、うちに来られた方は「和食器は売れないから基本的に引き取れない」っておっしゃっていました。私から見ると売れそうなかわいい和食器もあったんだけどもっていってもらえなかったです。
「洋食器なら売れるから」って、素人目に見ても良い洋食器だけを数点引き取ってくれました。
HPには「ノーブランドでも・・・」と書いてありましたが、ノーブランドも箱付き、未使用とか、100点つけられる状態だったら別だったのかもしれませんが、素人目に見て90点くらいの食器だともっていってもらえないです。
でもそんなに状態の良いものなら、売らずに自宅で使ったほうが絶対良いと思います。
古い家あるあるですが、自分たちは古い食器を使って、お客さん用には良い食器を使うって、どうなんだろうと思います。
自分たちも普段から良い食器を使ったほうが心が豊かになると思うんですけど。

お茶道具は買い取るようにしているとのことで、試しに抹茶椀を一点見てもらいましたが、ウェッジウッドやノリタケ、その他のブランド食器数点と合わせても千円にしかなりませんでした。「もっと茶道具はないですか?」と聞かれましたが、「ありません」と答えました。
私もお茶やるので、この家のおばあさんが残した道具を売る気がそもそもなかったということもありますが、何点か売って、自分の気に入った茶道具一点を買おうと思わせるほどの買取金額ではなかったので、自分で使ったほうが断然良いと思いました。

ブランドのバッグに関しては、HPにはいろんなメーカーを挙げた後に「他にも多数のブランドを扱っております。」と書いてありますが、「FEILERは売れないから」と、新品なのに引き取ってはくれませんでした。デパートではFEILER専用の売り場まであるんだけどね。
オーストリッチもダメだって。

うちに来られた方は、「切手はありませんか。バラでも良いですが、シートなら高価買取します。」っておっしゃったけど、「どのくらいの値段で買ってくれるんですか」って聞いたら、「シートだ8~9割の値段で買います」ってことでした。
実はわたし、切手女子で(女子って言えるほどの年齢は過ぎましたが)、切手はシートでたくさん持っていますが、額面以上の値段で買ってくれないなら、自分で使いますって思って、「切手はありません」って答えました。

それにしても買うときにはあんなにお金を払ったのに、新品同様であっても売れないものがあるってショックですね。
少しでもお金になった、持って行ってもらった、というところは感謝すべきでしょうけど。
でも良い勉強になりました。これからは「捨てるとき、手放すときのことも考えたらもったいない」って思って、財布のひもが固くなりますから。

追記:ところで後日エコリングが、福ちゃんが持って行ってすらくれなかった段ボール7箱分の食器を買い取ってくれました。さすが!

粗大ごみ 捨ててきました。

今日は天気が良く、まとまった時間がありましたので、粗大ごみを捨ててきました!
子どもを連れての自己搬入です。壊れた掃除機、使わなくなったいす(使い勝手が悪かったいす)、小さな棚、ぼろいバイオリンケースなど。
すっきりです。使い勝手が悪いもの、壊れたもの、こういうのはいつまでも家に置いておくと、気づかないうちに元気が吸い取られます。
粗大ごみは月一回の収集(それまでどこかに保管しておかないといけない)、しかも一週間前までに予約し、コンビニでチケットを買ってこないといけないので、捨てるものがいくつもある場合は自分でさっさと捨ててきたほうがすっきりします。
自己搬入のほうが料金がとても安く済みます。

この家は昔は大所帯でしたので使わない物・古くて使えなくなった物が多く、粗大ごみを捨てるために今まで何度も自己搬入してきましたので、わたしにとっては破砕工場への道は運転し慣れた道と言えます(笑)

子どもの目線が床に近く、落ちている埃をつまんだりするので、こまめに床掃除をしなければなりません。
マメに掃除するのが大変だからルンバでも買おうかなと思いましたが、夫から「ルンバを使うなら床にあるものを片付けないといけないんじゃない?」と言われ、買う前に片付けだなと思い、買いませんでした。
家具が減るとクイックルワイパーでささっと掃除できるので、結局ルンバを買う必要がなくなりました。

断捨離するとお金の無駄遣いが減る