スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の演奏会の日程決めながら・・・

今年も所属教会(日本キリスト改革派名古屋教会)でいつ演奏会開いて良いか、日程が出たので、
どなたと一緒に演奏しようかなーと考えながら作ってみた子ども椅子。
子ども椅子
インパクトドライバーのおかげで仕事が早いです。木はホームセンターで切ってもらって楽でした。

参考にしたのは「丸林さんちの手づくり家具帖」


ペンキはターナー色彩のミルクペイント。
クリームバニラ、ゴールデンレッド、仕上げはトップコートクリアで。
      

椅子はいずれもう一脚作ろうかな。二人用の子ども机も本に載っているから作りたいです。
その時もミルクペイントで。何とも表現しがたいくらい色がかわいい。

今週は教会のテーブルを塗るのを早急にしなければなりません。がんばります

肝心の名古屋教会での演奏会は、
5月28日「歌とオルガン」と8月27日「ヴァイオリンとオルガン」です。

歌は加藤愛さん、
ヴァイオリンは荻野美和さんにお願いしました。

大変ご活躍のお二人に登場していただけるのを大変楽しみにしています。
スポンサーサイト

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もお付き合いお願いします

2日は茶道友達と犬山の有楽園http://www.m-inuyama-h.co.jp/urakuen/で初釜に行ってきました。
薄茶と点心をいただいたあとは、犬山城下町を散策しました。

匠美http://inuyama.gr.jp/shopping/souvenir/38189では数寄屋袋を買いました。
象さん柄でかわいいです。
絹100%だそうで、店主のご実家が織ったちりめんを使ったそうです。

そういえば今年はミシンまたやれるかな~
茶席で使えるものを自分で作れないかなと思って買いました


こういう本は書店では見かけないですが、探せばあるもんですね。

また茶道友達と、または一人でも、お茶席に行きたいので、こういう小物をそろえるのも楽しみです。

新・子どもに食べさせたいおやつ

プリン

「新・子どもに食べさせたいおやつ」から、プリンを作りました。
うちの子どもはまだ赤ちゃんなのでプリンは食べませんが、わたしが大のプリン好き。
作って冷やして、もう写真・右のほうは食べてしまいました。
すごくおいしい

いずれ子どもにも添加物の入っていない、シンプルな材料だけのおやつを食べさせたいと、今から本を見ておやつ作りを練習しています。
この本に載っているおやつは普通にスーパーで買えたり、家に常備してあるようなもので作れます。

プリンにはバニラエッセンス、ラム酒が必要ですが、以前ほかのお菓子作りで使用したのが余ってたのでそのまま使えました。
以前から家でシンプルなお菓子を作っているので砂糖もいろいろな種類が家にあるので、本を見てすぐ作れました。



子ども服

「小さくてもきちんとした服‐6か月から3歳まで‐」というソーイングの本を買いました。
女の子の服作りの本が多いと思っていましたが探してみれば男の子用の本もあるんですね。ワーイ

最近のわたしは子どもが寝ている間にオルガン練習するか、家事をするか、ソーイング(始めて2年の超初心者!)をしています。
子どもが小さいと、外に買い物に行くのにも少し勇気が要るので(おむつとか荷物があるし、子どもを抱っこひもで抱っこし続けるのはやっぱり重たいし・・・)、どうしてもインドアになってしまい、上記の三つくらいが主なやることになってしまっています。

友人からのプレゼントと近所に住む友達からのお古のおかげで、息子の服は今のところ買う必要がないですが、大きくなったときのために今からぼちぼち作ろうと思っています。
それにしても、わたしが小学生~高校生の時は家庭科には全く興味がなく、中学の調理実習では、みんなが率先して野菜を切ったりしている中で、わたしは率先して火の番をしておりました
それが今になってミシンを買ってまでソーイングするとは
自分でも不思議。

「小さくてもきちんとした服」に書いてあるように、色の組み合わせ方、柄や素材の選び方でおしゃれにできるとわかってはいるのですが、わたしにはなかなかセンスがなくて
「この生地いいなあ」って思う物は値段が高いです
既製服を買うよりは安いですが。

服作り頑張ります



マタニティ服

タイトルを見たときにはマタニティ服の本だとは気付かなかったです。
妊娠中に着られる服の本はほかに見つからなかったので購入。
春~夏にお腹が大きくなる人にはちょうど良い服が載っていますが、冬にお腹が大きくなる人にとっては寒くて着られない服だと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。