FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 セカンドポリヒムニアコンサート

2018年9月1日㈯ カトリック城北橋教会にて、第二回セカンドポリヒムニアの演奏会で、オルガン伴奏で出演することができました。
ドイツ・カールスルーエ独日合唱団をお招きして、これら二つの合唱団の演奏会となりました。
セカンドポリヒムニアは、名古屋北高校出身者の合唱団で、定年退職した人、働いている人など、いろいろな年代の合唱団です。
カールスルーエ独日合唱団は、有馬牧太郎さんが指導、ピアニストは江村玲子さんで、メンバーには日本人ドイツ人以外にも、トルコ人やエジプト人やロシア人などがいます。
事前に新聞に演奏会の記事が載ったこともあり、あっという間に満席、お断りすることになってしまった方も多かったと伺いました。特にドイツから入ってすっかり日本の歌になった童謡はみなさんにとても楽しんでいただけたようです。
スポンサーサイト

移動楽器博物館@四日市市文化会館(三重県)

ただ今、三重県四日市市の文化会館で、木村チェンバ郎さんの楽器博物館が開かれております。

2018年7月21日(土)~9月9日(日)
四日市市文化会館 第2展示室
9時30分~16時30分
休館は月曜日(第2月曜を除く)
入場無料

企画制作:木村チェンバ郎

企画特別講座
第1回「楽器の誕生」 7月22日 午後2時~
第2回「ピアノのルーツを探る」 7月27日 午後2時~
第3回「鍵盤楽器 鍵盤って楽器!?」 8月5日 午後2時~
第4回「楽器における宗教と性」 8月19日 午後2時~
第5回「音楽 音と楽」 9月1日 午後7時~

チラシをクリックしてください
移動楽器博物館(表)  移動楽器博物館(裏)



木村さんはピアノの調律が本業なんですが、鍵盤楽器全般を修理します。
今回の移動楽器博物館ではチェンバ郎さんが14年かけて作成したチェンバロも登場します。

わたしは8月5日にお手伝いに行ってまいりました。

ミュステル社のチェレスタ(Y社のチェレスタとは弾き心地が違います。ミュステル社の方が鍵盤が重たい。)
ヴァ―ジナル演奏 

日本・リードオルガン(ベビー)
リードオルガン演奏

[emoji:e-32バルトロメオ・]クリストフォリと木村チェンバ郎さんとでモーツァルトファミリーのマネ
モーツァルトファミリーということで・・・
この写真では撮影時にクリストフォリさんが顔認証されました(笑)

他にもポルタティーフ、クラヴィコード(ドイツ)、チェンバロ(木村チェンバ郎さん製作)、ヴァ―ジナル(イタリア)、昭和初期のピアノ(音が出にくい)を少しずつ弾いて、みなさんに音を聞いていただきました。

それぞれの鍵盤楽器で鍵盤の重さ、引っ掛かり具合(言い方が素人でごめんなさい!)が全く違うので、短時間のうちに次々弾くのはとても難しかったのですが、大変勉強させていただきました。
こういった鍵盤楽器以外にも、管楽器、打楽器など、木村さんが個人で所有されている楽器が展示してあります。
お家によくこんなたくさんの楽器を置く場所がありますね、って思います。

講座の様子
講座はこんな感じでクイズがたくさん、盛り上がりました。
引続き特別講座も開かれますので、ぜひお越しください。

日本リードオルガン協会大会@浜松

今年も浜松・楽器博物館で、一泊二日(6月8日9日)のリードオルガン協会の大会が開かれました。
わたしは一日目の夜の晩餐会(笑)と、二日目の二回あるソロ演奏会に参加しました。

浜松の楽器博物館ではリードオルガンのコレクションがたくさんあって、館長がリードオルガンをぜひ活用したいとのことで、今後定期的に浜松で日本リードオルガン協会の大会が開かれる可能性があります。

リードオルガンという名前の方が、協会の人たちにはなじみがあるとは思いますが、一般の人には「足踏みオルガン」という名称の方が馴染みがあるかと思います。
昔学校で、日曜学校で聞いたことがある・・・、讃美歌や唱歌を足踏みオルガンの伴奏で歌った・・・などなど、年配の方で懐かしい思い出のある方が多く、足踏みオルガンの音を聞くだけで涙を流される方もいます。

リードオルガン大会
大会には4台のオルガンが用意され、ストップの無いオルガンから、たくさんのストップを持つオルガンまでそろいました。
二回のソロ演奏会で、4台のオルガンをまんべんなく使ってくださいと、中村証二先生に言われましたので、クラヴサンの曲、二台のオルガンのための曲、リードオルガンのための曲などを4台のオルガンで準備しました。
写真ではスカートをはいているオルガンです、かわいい!

わたしとリードオルガンとの出会いですが・・・
スイス・チューリヒの音楽大学に在学中、夏休みを利用してある地方の講習会に参加しました。
その時に、ハルモニウムの勉強時間もあったのですが、わたしはハルモニウムという楽器や、それで弾かれる曲についての知識がなかったので、その時は講師の先生の解説や演奏を聴きながら、「パイプオルガンの巨匠作曲家たちがハルモニウムのためにこんな素晴らしい曲を書いている」と思いました。
ハルモニウムとリードオルガンは見た目はとても似ていますが中の構造が違っていて、日本では圧倒的にリードオルガンが弾かれていますので、わたしも日本に帰ってから、リードオルガンで、ハルモニウムのための曲や、日本の作曲家たちがリードオルガンのために書いた曲や、パイプオルガンのための手鍵盤の曲を弾くようになりました。
パイプオルガンに比べてリードオルガンを「ダサい」と思う人もいるようですが、ヨーロッパのオルガン奏者たちを少なからず見てきて思ったのは、鍵盤楽器の巨匠は、楽器を選ばないということです。ピアノもハルモニウムもパイプオルガンも弾ける。
だから、わたしもパイプオルガンだけではなく、リードオルガンもますます深められるように続けていきたいと思っています。

リードオルガン協会HP
http://www.reedorganclub.jp/roc/jp/mainframe.j.htm
リードオルガンが好きな人、興味のある人はだれでも入会できます。日本全国の、リードオルガンの関する情報、演奏会情報、大会の情報が得られます。
また、大会を通して、全国の仲間と知り合えます。

2018年4月22日(日) マリンバコンサート@改革派名古屋教会

山下里恵さんに、マリンバの演奏会をお願いしています。
彼女には改革派名古屋教会では2014年に演奏いただき、その後も演奏いただきました。
2014年のクリスマス演奏会http://organistin.blog60.fc2.com/blog-entry-327.html

今回は・・・
日時: 2018年4月22日(土)14~15時(13時30分開場)
場所: 日本キリスト改革派名古屋教会
〒451-0073 名古屋市西区浄心本通り 3-37-1


演奏会後は教会カフェがあります。

入場無料

山下里恵さん(マリンバ)
4歳よりピアノ、6歳よりマリンバを始める。
名古屋音楽大学 器楽科 打楽器専攻卒業。
音楽高校の講師、文化庁主催 芸術スクールコンサート、クラシックコンクール審査員、等を経て、
現在 第2美園こども園 リトミック講師、老人ホームにて音楽療法を用いた認知症予防ケア指導員、
日本キリスト改革派春日井教会オルガニスト。

チラシをクリックしていただくと大きな画像が見られます。
2018年4月22日

2017年12月9日㈯ クリスマスコンサート@改革派名古屋教会

2017年12月9日午後3時~4時(2時30分開場) 
改革派名古屋教会で豊田かおりさん(ソプラノ)をお迎えして演奏会が開かれます。
入場無料です。教会に来たことのない人もこの機会にぜひお越しください。


ヘンデル「メサイア」より、「シオンの娘たちや、大いに喜べ」 
ほか


場所: 日本キリスト改革派 名古屋教会
〒451-0073
名古屋市西区浄心本通 3-37-1

駐車場はありませんので近隣のコインパーキングや公共交通機関をご利用ください。

クリックすると大きい画像になります。
2017年12月9日

改革派名古屋教会HP
http://sky.geocities.jp/nagoyakyokai/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。