幼稚園

うちの近くでキリスト教の幼稚園はふたつありますが、うちのこどもはそのうちのひとつにお世話になっています。
子育ての疑問は園長先生が丁寧に答えてくださり、とても勉強になっています。
もう一方のキリスト教幼稚園の先生方のこともわたしはよく知っているのですが、幼児教育を一生懸命やっている幼稚園で、どちらの幼稚園も素晴らしいです。
わたしのオルガンの生徒さんで、同年代の方が複数いらっしゃって、その方たちからのお話しも楽しく伺っています。
お子さんのお話を伺うと、こちらも楽しい気持ちになったり、うんうん、そうだよね、と頷くこともあります。
またお話聞かせてくださいね、と思っています。

楽しい出会い

他のお仕事でもそうだと思いますが、わたしも仕事の中で、いろいろな仲間との出会いがあって、オルガンには感謝の気持ちでいっぱいです。
新年早々ですが、来年のお仕事の打ち合わせに行ってきました。
新しい音楽家との出会いは、本を読むことと同じように楽しいものです。
自分が経験しなかったことを教えてくれるから。
相手が日本人ではなくても、音楽という共通の言語があるから近しい存在に感じます。

うちで使っているおもちゃ

うちの子どものうち、男の子の方は二歳なんですが、プラレールが好きで、レールを組み始めると止まりません!
一時間くらい集中してレールを組んでいて、電車を走らせることをもしかして忘れている?と思うくらいです。
他にはレゴ、積み木、型はめやビー玉を転がす系のおもちゃが好きで、毎回「わあー」と言いながらビー玉を転がしています。
↓のおもちゃをやり始めると、集中して止まりません!

  

だけど、人形で遊ぶのも好きで、わたしが小学生のころ使っていたリカちゃん人形やその家具を使って遊んだり、メルくんの世話をしたりします。うちの男の子は一歳の時からキッチンで遊んでいます。


男の子でもキッチンに立つのが好きみたいです。ほかの男の子も、大人の真似をするのが好きで、キッチンで遊ぶ子は多いみたいですね。うちの子は一歳の時からキッチンで遊んでいます。

男の子用女の子用って・・・

わたし、子どものおもちゃが好きです。
子どものころ、物欲がすごくて、ほかの子よりもおもちゃは買ってもらっていたと自分で思っているのですが、それでも「もっともっと」という気持ちがありました。
大人になってからその気持ちが再燃したのか、子どものもちゃんが増えると管理が大変と思いつつ、ついつトイザらスのサイトを見てしまいます。

さてそこで気になるのは、「男の子用」「女の子用」というカテゴリーがあること。
男の子用には「鉄道模型、プラレール、トミカ、ミニカー、ラジコン」などがあり、女の子用にはそれがありません。
逆に女の子用には「おままごと、人形、コスメ」などがあり、男の子用にはそれがありません。

でもうちの男の子は、おままごとが好きで、一人でぶつぶつ言いながら、ちゃぶ台の周りに複数のぬいぐるみを並べて、
ぬいぐるみの前にお皿とコップを置いて遊んでいます。
マジックテープでくっつく食材のおもちゃを持っていて、サクッサクッて音を立てながら、おもちゃの包丁を使って切っています。
プラレールやトミカも好きなので、それで遊ぶこともあります。

うちの女の子は、小さいのでまだうまく遊べないですが、電車が好きみたいです。
名鉄電車のおもちゃを触っています。

パンパースのポイントをためて、プレゼントと交換するサイトがあるのですが、プレゼントの中には弁当箱もありました。
「そういえば子ども用の弁当箱がほしいな」と思いましたが、ブルーとピンクの弁当箱だったので、そのプレゼントはもらわないことにしました。
で、うちの息子には、山中塗の弁当箱の中で、猫柄を選びました。

うちのこどもは、色や遊びの種類で、どれが女の子用か男の子用かと決めるようなことにならないでほしいと思いますが、環境がそうさせてしまうので、かなり気を付けないといけないなと思っています。

カルトナージュしました。

ティッシュ箱と写真立て

ポケットティッシュケースと写真立てをカルトナージュで作りました。
布がリバティでかわいいです。写真立ての方は、写真と入れるとかわいい布が見えなくなってしまうことに気づいて、写真を入れずにこのまま飾ろうかと(笑)
布の柄をそのまま飾りたくなるくらい、リバティは可愛いですね。